風俗を辞めたいのに辞められない5つの理由と出戻りについて。

風俗の仕事を辞められない理由

こんにちは、やっくんです。

風俗のお仕事は、勇気を振り絞れば誰にでも始められる入り口の広い仕事です。

今まで稼げなかった大金を、日払いで稼げますし他の仕事の収入では有り得ない経験もできます。

そんな高収入の風俗のお仕事ですが、高収入の分やはり体力的にも精神的にも辛いことが多い仕事です。

「風俗のお仕事を辞めたい」と思うことが多いかも知れませんが、一度始めたら辞めにくいのも風俗のお仕事の特徴です。

辞めたいと思っても、中々すぐに辞めれない人がほとんどです。

今回は、風俗を辞めたいのに辞めれ無い人の理由を解説していきたいと思います。

 

風俗を辞めたいのに辞めれない人の理由

泣く

 

金銭感覚が麻痺してお金遣いが荒すぎる

風俗を辞める時に1番の問題になるのが、金銭面での問題です。

風俗のお仕事では毎日、高額なお金を稼げて尚且つ現金日払いが当たり前の世界です。

毎日、何万円もの現金が財布に増えていくので金銭感覚は麻痺してしまう人が多いです。

「今日お金使い過ぎても、明日出勤して稼げば良いや」となる訳です。

この感覚が当たり前になってしまうと、お昼の仕事の収入だけでは確実に破産してしまいます。

なので、風俗の仕事を辞めたくてもお昼の仕事の収入だけでは生活していく自信が無いので辞めれない人が多いんです。

頭に入れておかないといけないことが、風俗の仕事の収入は他の一般的な仕事では有り得ないということです。

そのことを頭に入れて生活をしないと、ずっと風俗のお仕事から卒業することができません。

とにかく、お金を使い過ぎる癖をつけないように、自分をコントロールできるようにしましょう。

ある程度お金を貯めても、金銭感覚が麻痺したままであれば、貯金が底をつき風俗に出戻りしてしまう確率も上がります。

お金は良く考えて計画的に使う癖を付けましょう。

 

貯金が全くできていない

風俗で働いていて、辞められない理由で多いのが貯金ができていないからという理由です。

「風俗で働いたら収入が一気に増えて、貯金もたくさんできる!」と思って風俗の仕事を始める人も多いと思います。

しかし、風俗嬢として働いている人の中で自分が思った通りに貯金をできている人はかなり少ないです。

人間、収入が増えると自動的に支出も増えていきます。

お金があるから、

  • エステに行く
  • ネイルに行く
  • 海外旅行に行く
  • 高い料理を食べに行く

など、お金は使おうと思えばいくらでも使えてしまいます。

もちろん、たまには自分へのご褒美で贅沢することも大切です。たまにで収まっていれば問題無いですが、贅沢することが当たり前になっていってしまいます。

贅沢だけをしたい為に、風俗で働いているのであれば贅沢をし続ける生活でも良いと思います。

しかし、風俗の仕事には寿命がありますし、年齢を重ねる事に稼ぎにくくなってしまう仕事です。

年齢を重ねて稼ぎが落ちて、どうしようとテンパる前にお金を貯める癖を付けておきましょう。

そうすれば、自分が風俗を卒業したいと思った時に卒業できるようになりますよ。

 

目標が無い

目標が無い人は、中々風俗で働く事を辞めることができません。

僕は昔から言っていることですが、風俗で働く場合は目標や目的を作る事が大切です。

ただ何となくで働いているだけだと、ダラダラ働いてしまいますし、モチベーションを保つのが難しいです。

風俗の仕事は辛いけど、特に目標も無いし次にやりたいことも無いから辞めれないという状況になります。

日々のモチベーションアップにも繋がりますし、絶対に目標は作ったほうが良いです。

 

夜の仕事に慣れて昼の仕事が馬鹿らしくなる

風俗のお仕事とお昼の一般的な仕事を比べれば、かなりの収入の差があります。

同じだけの時間を働いたとしても、得られる対価としての給料の差が倍以上あります。

今まで何年も風俗だけで働いて生計を建てていた人からすると、月に20日程働いて手取りの給料が20万円を切るとなれば絶望するのでは無いでしょうか。

風俗の場合は、基本的には自由出勤で働きたい時に働けます。

それに比べてお昼の一般的なお仕事は固定出勤です。生理などでしんどくても当たり前のように出勤しないといけません。

風俗であれば、「体調悪いから休む」「旅行に行きたいから休む」などが通用しますが、お昼の世界では通用しません。

手取りの給料も低い。自由な時間が減る。融通が効かない。となると働く気が無くなってしまいますよね。

一度、自由な生活をしたら、縛られる生活になるのは苦痛です。

しかし、風俗はずっと続けられる仕事では無いのでいつか辞めなければいけません。

風俗を辞めてお昼の世界で生活していくには、正直慣れるしかありません。

風俗の世界が当たり前ではなく、特別だったと理解してお昼の世界でのルールが基本なんだと自分に言い聞かせて下さい。

早寝早起きの規則正しい生活は健康にも良いですし、美容にも良いです。

少ないお給料で生活するのは苦痛かもしれませんが、その時の為にお金をしっかり貯めておきましょう。

 

貢ぎ癖がある

風俗で働いている人に多いのが貢ぎ癖があることです。

風俗で働いている人は、同世代の中でももちろんお金を格段多く稼いでいますし持っています。

あまり良い言い方では無いかもしれませんが、そういったお金を持っている女性をカモにしようとする男性は多いです。

ホストクラブであったり、ヒモの彼氏などお金を使ってもキリがありません。

別に自分の稼いだお金だから、好きに使わせてと言われたらそこまでなんですが、時間が経って我に返った時に何も残っていない状態になってしまいます。

そんな人を何人も見てきました。もちろん中には上手くいってる人もいますが、めちゃくちゃ少数です。

稼ぐ→貯まる→貢ぐ→お金無くなる→稼ぐの永遠ループになります。

お金も貯まらないですし、ずっと風俗の仕事を辞めることができなくなってしまいます。

そんな辛い状況にならない為にも、他人にばかりお金を使う事は辞めて貯金するか自分自身に使うようにしましょう。

 

出戻りが多い風俗業界

お金

風俗の世界は一度辞めても出戻りしてくる人が多い業界です。

 

中途半端に稼いでる人が出戻りしやすい

風俗の世界は始めるのも簡単ですし、辞めるのも簡単です。何も言わずに飛んでしまう人も多い業界です。

簡単に辞めれたとしても、その後に今までと同様に生活し続けるのは難しいです。

時間や金銭的な問題が出てきます。その中でも1番の原因がお金です。

一度辞めたとしても、お金に困って出戻りするパターンがほとんどです。

風俗を辞める時に、収入が減るのは覚悟していてもいざ生活をすると、「この収入では生活できない!」と思ってしまう人がほとんどです。

その収入が減ることを我慢ができて、初めて風俗を卒業できたことになります。

ガッツリ稼げずに、中途半端な稼ぎで終わってしまった人は、貯金の底がつき出戻りしてしまいます。

そうならない為に、どうせ風俗で働くのであれば突き抜けて稼ぐ必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は風俗を辞めたいのに辞められない理由5選について解説しました。

いつまでに風俗を辞めないといけないという決まりはありません。

しかし、ずっと続けられるお仕事では無いのでいつか区切りをつけて風俗業を卒業しなければいけません。

自分自身が覚悟を決めて、風俗の仕事に区切りをつけることが大切です。そうでないと、ずっと風俗の仕事に依存しなければいけない人生になってしまいます。

そうなればかなり辛いことになってしまいます。

依存してそうなら無い為にも、自分自身の事を1番に考えて計画的に風俗の仕事をしていきましょう。


お店を探している人は、やっくんにお任せください!



やっくんは全国の稼げる風俗を紹介しています。
お陰様でやっくんブログは月間20万PVを超える日本で1番見られている風俗紹介ブログになりました。

 

  • 今の稼ぎに不満のある方、もっと稼ぎたい方
  • 出稼ぎでガッツリ稼ぎたい方
  • 未経験だから安心できるお店で働きたいという方

どんな方でも満足のいくお店をご紹介いたします。

 
こちらからご応募ください。
 
写メ面談も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。


 
サービスページ



やっくんはメンズエステも経営しています!!



風俗に抵抗がある方、卒業したい方はメンズエステのお仕事を始めてみませんか?
 

  • 今風俗に抵抗がある方
  • 加齢とともに稼げなくなってきた方

そんな方でも安心して働けるメンズエステ店を大阪(梅田・心斎橋・京橋・神戸)で運営しています。

 

20代~30代前半のセラピスト中心のお店、35歳から40代のセラピストが中心のお店の2つのタイプのお店を運営しています。

 

「メンズエステを初めてよかった」そう思ってもらえるように、僕も頑張るので一緒に頑張りましょう。


 
サービスページ