【風俗嬢向】店外デートをオススメしない3つの理由と上手な断り方

店外デートをオススメしない理由

こんばんは。やっくんです。

風俗で働いている皆さんに質問です。

あなたは、お客さんから店外デートに誘われたことはありますか?

また実際に店外デートをしたことはありますか?

「誘われた事はある」と言う人はかなり多いと思います。

しかし、基本的に店外でお客さんと出会う行為はどこのお店も禁止しています。

ただ単に理由も無く禁止しているわけではなく、きちんと理由が合って禁止されています。

今回は、なぜ店外デートが禁止されているのか、店外デートの断り方を解説していきます。

 

店外デートとは?

風俗での店外デートとは、一度お店を通して遊んだ、風俗嬢とお客さんがお店を通さずに個人的に外で遊ぶ事を指します。

お客さんからすれば、独占して遊べるので優雅な気分になれます。

店外デートをする人の中には、高級なご飯を奢ってもらったり、ブランド物のバックを買ってもらったり。お小遣いを貰ったり、目先ですがメリットが有るように感じる人もいます。

しかし、個人間でのやり取りになるので、トラブルになるケースが非常に多く風俗業界でも問題にもなっています。

良い人もいますが、中には悪い人もいてます。

愛人契約を持ちかけたりする人は、トラブルになるケースが非常に多いので注意して下さいね。

店外デートでのトラブルは全て自己責任です。

 

店外デートは基本的に禁止されている

風俗での店外デートはどこのお店も基本的に禁止しています。

キャバクラやクラブなどの飲み屋であれば、「同伴」や「アフター」などの文化があります。

同伴やアフターはお店を通さずに、お客さんとプライベートな時間を使いますが、その後に指名でお店に遊びに来るのが前提です。

確実に指名に繋がるので、仕事の一環として捉えることができます。

しかし、風俗の場合は、お客さんとプライベートな時間を使って外で会ったとしても、指名には繋がりにくいです。

店外での要求は増えますが、お店での指名が増える事はまず無いです。

なので、ハイリスクローリターンの店外デートは風俗業界では基本禁止されています。

 

 

店外デートが禁止されている理由

禁止

お客さんは「あの子はしてくれたよ」とか「みんなやってるよ」など言ってきます。

全然そんな事は無いので、気にしなくて大丈夫です。

店外デートは女の子側にデメリットが多すぎるので禁止されています。

そのデメリットが以下です。

 

お店が間に入れないから危険

店外デートなると、お店を間に通さずに個人間でのやり取りのみで会うことになります。

お店を通して会うと、お店が決めているルールがあります。

お客さんもルールの中で遊ぶ事を了承して遊んでいます。

しかし、個人間ではルールが存在していません。

もし、お客さんに乱暴されたとしても、自分自身で、対処するしかありません。

店外デートでの、トラブルは大半が女の子の泣き寝入りです。

もし、通報して事件にしても、時間と労力をかなり奪われます。

両親や彼氏などの身内にもバレてしまう事になってしまいます。

なので、ほとんどが泣き寝入りするのが現状です。

店外デートはハイリスクローリターン。

男性側が得することが多いんです。

 

要求がエスカレートするだけ

「このお客さんは何回か来てくれている良い人だから」と店外デートをOKするのはナンセンスです。

店外デートは一度してしまうと、要求が段々エスカレートしていくものです。

「店外デートしてくれたから好かれてる」

「次はもっと仲良くなれる」

「店外デートを重ねれば付き合える」

など、スーパーポジティブに事を考える人もいてます。

そんな人は、日が増す事に要求がエスカレートして、最終的にはストーカーみたいになってしまうこともあるんです。

お客さんからストーカーに変わってしまう人も多いので注意が必要です。

何かあってからでは遅いです。

 

個人間の金銭のやり取りはトラブルの元

店外デートや個人間でのトラブルで一番多いのが、金銭問題です。

風俗嬢側も慣れてくると、要求がエスカレートしてしまいます。

お小遣いを貰ったり、高価な食事、ブランド物のバックなどを購入してもらう人が多いです。

お客さん側は格好良いとことを見せたいので、少々無理をしてでも、お願いを聞こうとします。

大抵のお客さんは無理をしてお願いを聞いたから、見返りを求めてくる訳です。

風俗嬢がそんなつもりじゃ無くても、お客さん側はそんなつもりになっています。

両者がこうなると、トラブル発生の合図です。

 

店外デートの断り方

店外デート

お店で禁止されているからと断る

基本的に風俗店はどこのお店も点がデートは禁止されています。

お店のルールであれば、お客さんも個人的な感情で断られていないと思うので、傷つきにくいです。

お客さんもお店から禁止されている事を分かってダメ元で、言ってくることが多いので、禁止されてると断ればすんなり引いてくれます。

「お店には秘密で」とか「内緒で行こう」と言わることもあると思います。

「バレてクビになったら困る」

「お店の別の女の子が店外デートがバレてクビになった」

などと自分が危なくなる事を伝えて下さい。

お客さんも自分の責任でお店を辞めさせられる可能性があるとなると、諦めてくれます。

 

実家に住んでいるor彼氏と同棲している

実家に住んでいるか彼氏と同棲しているだと、ただの言い訳に聞こえるかもしれません。

この場合は、「両親、彼氏に風俗の仕事を認めて貰っている」設定にしましょう。

風俗嬢としての仕事は認めて貰っているけれど、お店を通さずに店外で会う事は絶対に禁止されていると伝えましょう。

このようば、具体的な理由であればお客さんも納得して、しつこく誘ってくる事は無くなります。

もし、このような状況を伝えてもしつこく誘ってくるお客さんは、相手の気持ちを考えずに自分の事しか考えれない人なので、しつこすぎる場合はNGにしても良いでしょう。

 

昼職などで忙しいアピールをする

お客さんと普段の会話の中から、自分は忙しい事をアピールするようにしましょう。

  • ダブルワークをしている
  • 大学の授業が忙しい
  • 資格の勉強をしないといけない
  • 親の介護をしないといけない

など、自分が忙しいと言うエピソードをさりげない会話からしておくと効果的です。

お客さんも、どこまでが本当かまで調べきれないです。

なので、思い切って嘘をついて大丈夫です。

その代わり、1度発言した設定は忘れないようにしましょう。

 

お店を通してのデートを提案する

デリヘルであれば、お店を通しても時間内であれば、ご飯を食べに行ったり、映画を見たり買い物に行くことも可能です。

このデートであれば、お店を通して安全にお客さんに会うこともできます。

お金も先払いで、時間もきちんと決まっているので安全です。

お店を通してのデートであれば、お店に迷惑をかけることも無いですし、お客さんの望みも叶えてあげることが可能です。

この提案を断る人は、ただ安くで遊びたいと思っている人です。

女の子側には店外デートをして何のメリットもありません。

ちゃんと女の子の事を考えれる人は、この提案を受け入れてくれるものです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は店外デートをオススメしない理由と断り方について解説しました。

これで、急に店外デートに誘われても、傷つけずに上手に断ることができますね。

もし一度でも、店外デートをしてしまうと、お客さんの要求は段々とエスカレートしていきます。

お客さんが店外で会える事を当たり前と思わせないような言動も大事ですね。

自分が勝手に店外で会ってしまうと、お客さん達は当たり前と思って、他の女の子に迷惑をかけてしまう事になるかもしれません。

そうならない為にも、上手な断り方を常に頭の片隅に置いといて下さいね。


お店を探している人は、やっくんにお任せください!



やっくんは全国の稼げる風俗を紹介しています。
お陰様でやっくんブログは月間20万PVを超える日本で1番見られている風俗紹介ブログになりました。

 

  • 今の稼ぎに不満のある方、もっと稼ぎたい方
  • 出稼ぎでガッツリ稼ぎたい方
  • 未経験だから安心できるお店で働きたいという方

どんな方でも満足のいくお店をご紹介いたします。

 
こちらからご応募ください。
 
写メ面談も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。


 
サービスページ



やっくんはメンズエステも経営しています!!



風俗に抵抗がある方、卒業したい方はメンズエステのお仕事を始めてみませんか?
 

  • 今風俗に抵抗がある方
  • 加齢とともに稼げなくなってきた方

そんな方でも安心して働けるメンズエステ店を大阪(梅田・心斎橋・京橋・神戸)で運営しています。

 

20代~30代前半のセラピスト中心のお店、35歳から40代のセラピストが中心のお店の2つのタイプのお店を運営しています。

 

「メンズエステを初めてよかった」そう思ってもらえるように、僕も頑張るので一緒に頑張りましょう。


 
サービスページ