写メ日記を投稿する時のNG集とお客さんが写メ日記を良く見る3つの理由

写メ日記のNG集

こんにちは、やっくんです。

皆さん写メ日記と言うツールをご存知ですか?

風俗で働いたことが無い人からすれば、聞き覚えが無い言葉かもしれませんが、風俗嬢として働いている人からすると知らない人は居ないんじゃ無いかと言うレベルでお馴染みのあの写メ日記です。

お店から「写メ日記更新してね!」「一日5回以上投稿してね!」など更新を煽られた経験があると思います。

確かに現代で風俗嬢として稼いでいくには、写メ日記と言うツールをいかに上手く使いこなすかにかかっています。

しかし、どこのお店もどういった内容を投稿すれば良いかまでは教えてくれないのがほとんどです。

今回は写メ日記についてと写メ日記の投稿NGの内容について解説していきます。

 

写メ日記とは

写メ

写メ日記とは、風俗サイトのヘブンネットが開発したコンテンツで写メと日記を同時に投稿できるコンテンツになります。

簡単に言えばブログのような物です。

かなり人気のコンテンツで他の風俗情報サイトも同じ物をコンテンツとして扱っていることが多いです。

写メ日記は自分自身が文章や写メを投稿するので、面倒だと感じる人も多いと思います。

しかし、写メ日記は自分を知ってもらう為にアピールできる場なので、上手に使える人は徳をしますし、逆に下手な人は大きく損をしてしまいます。

 

写メ日記がお客さんから人気な理由

写メ日記はお客さんから非常に人気が高いコンテンツです。

風俗を利用する人は必ず写メ日記に目を通します。

 

パネマジが無いから

風俗を利用するお客さんからして、1番怖いのが高いお金を払ったのにパネルと全然違う女の子が来ることです。

風俗のパネルは、よっぽど特殊なお店で無い限り全員が可愛く見えるように加工されています。

お客さん達もその加工の事を分かっているので、パネルだけを見て指名するには信憑性が足りません。

しかし、写メ日記は多少加工できても実物に近いものが見れるので、お客さんからすれば一気に信憑性が増します。

なので、お客さん達は一度は写メ日記に目を通すのです。

 

文章や写メに性格が出るから

写メ日記は基本的に自由に投稿できるようになっています。

女の子によって投稿内容は様々で、仕事の事だけを投稿している人もいれば、私生活のことも投稿している人もいます。

文章も自分で考えて投稿するので、性格が現れやすいです。丁寧な言葉遣いの人もいれば言葉遣いが荒い人もいます。

お客さん達はそういったところを見て、どんな子なのかを判断して指名していきます。

 

お客さんに対してメッセージを書けるから

写メ日記は自分のことだけを投稿するのでは無く、お客さんに対してメッセージを投稿することもできます。

通常であれば、1回利用しただけのお客さんはその場限りで繋がりは切れてしまいますが、写メ日記ごしに繋がることができます。

お客さんとの直接の連絡のやり取りをしている人もいると思いますが、あまり良く知らない人との連絡先交換はリスクもあります。

間に風俗サイトの写メ日記を挟んでの繋がりであれば、リスクは一切ありません。

お客さんと連絡先交換するのが抵抗ある人は、上手く写メ日記を利用してお客さんとコミニケーションを取ることをオススメします。

 

写メ日記のNG集

食べ物の写メばかり載せている

食べ物や趣味の写メばかり載せるは良くありません。

まず風俗に来るお客さんは、あなたの趣味や食べている物見たい訳ではありません。

食べ物を見たいなら食べログを見ますし、趣味の写メを見たいなら専門のサイトを見ます。

お客さんは基本的にどれだけ可愛いか、セクシーかなどを気にして写メ日記に目を通します。

食べ物ばかりのサムネイルだと、その子の写メ日記を開く気にもなりません。

 

ネガティブな内容

風俗で働いていると、辛いことやしんどいことが多いです。精神的に病んでしまうこともあると思います。

しかし、自分が病んでしまっている事を写メ日記に投稿したりネガティブな内容を投稿してしまうと、ほとんどのお客さんは引いてしまいます。

  • 「メンヘラそう」
  • 「地雷そう」

と思われてしまいます。

高いお金を払って、ネガティブな女の子に接客されたいと思う人はかなり少ないです。逆に非日常的な明るくて一緒にいれば元気が出て癒されるような女の子に接客されたいと思うものです。

働いている女の子は、ネガティブでは無く逆にお客さんに元気を分けれるくらいにならないといけません。

そう意識すれば、新規の指名も増えますしリピート率も上がるようになってきます。

人間なのでネガティブな気持ちになってしまう時もありますが、それを周りに見せるのは誰も得をしないので辞めておきましょう。

 

同じ写メの使い回し

写メ日記の投稿回数はアクセス数と比例するので、たくさんの回数投稿するのがベターです。

しかし、写メ日記を1日に何回も投稿するようになると、写真のバリエーションに苦労します。

新しく写メを撮影したりしても、投稿できる写メのネタが底を尽きてしまう時が出てくると思います。

そんな時にやってしまうのだ、以前投稿した同じ写メの使い回しです。

写メの使い回しをしてしまっている人を良く見かけますが、あまりオススメしません。

お客さんは写メ日記を見て興味が沸けば、定期的にその子の写メ日記を見るようになります。

定期的に見ているのに、同じ写メばかりが投稿されているとお客さんは「また見たい」と思わなくなってしまいます。

その他にも

  • 手抜き
  • 仕事が適当そう
  • やる気が無い

と思われてしまう可能性もあります。

せっかく頑張って投稿しているのに、手抜きと思われてしまうのは辛いですよね。

そうならないようにする為にも、同じ写メにの使い回しはなるべくしないようにしましょう。

 

暇だと思われてしまう内容ばかり載せる

今のご時世風俗で簡単に稼いで行くのは難しくなってきています。

写メ日記を通して、お客さんに来て欲しいと思う気持ちは分かります。

しかし、自分が暇をしている事をストレートに写メ日記に投稿するのはNGです。

  • 「毎日暇しているよ〜」
  • 「いつも待機してるからスグに遊べるよ〜」

など、自分がいつも待機で暇していると思われてしまうような投稿をしてしまうと、お客さんは「人気無い子なんだ」と思って指名するのを避けてしまうようになってしまいます。

お客さん心理からすると、高いお金を払ってハズレを引きたく無いと言う思いがあるので、なるべく人気のある女の子と遊びたいと言う心理になります。

たとえ自分が暇であっても、上手く自分をブランディングしてある程度人気のあるキャストのように写メ日記を投稿して見ることも大切です。

上手く自分を演じて行けば実際に演じようとしているキャストに近づいていけるようになります。

 

写メ日記でお客さんを増やすも減らすも内容次第

お金

写メ日記は投稿すれば、給料が発生する物ではありませんしスグにガンガン結果が出るかと言われるとそうではありません。

ただお店は、宣伝広告費に何十万円何百万円かけています。しかし、写メ日記には女の子自身が自分を宣伝できるのにお金は一円もかかりません。こんなのやらないと本当に勿体無いんです。

女の子からすれば、「どうしてやらないといけないんだ」と思うかもしれませんが、無料でこんなに結果に繋がるツールが他に無いのですし絶対にやるべきです。

ただ適当にやるのでは無く、

  • どうすればお客さんが見てくれるのか
  • アクセスが増えるのか
  • どんな写メを見たいのか
  • どんな内容をお客さんは求めているのか

などを考えて、写メ日記を投稿すれば必ず早い段階で結果に繋がります。

際にどこのお店でもランキングに入っているような女の子は、写メ日記の投稿回数も多いですし、内容もとても良いです。

何を投稿して良いか分からない人は、人気のある女の子の写メ日記を参考にして自分も投稿するのが良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

写メ日記は上手く活用できれば、風俗嬢人生でとても強力な武器になります。

誰でも無料で使えて、ここまで結果に繋がるツールは他には絶対にありません。

間違った方法でダラダラ続けるのでは無く、良く考えて自分のどんな投稿をお客さんが求めているのかを理解するようにしましょう。

そうすれば徐々にアクセスも上がってきます。

自分がどうしたら良いか、全く分からない人は人気の風俗嬢の人の真似をするところから始めましよう。

今の努力は未来の結果に必ず繋がります。諦めずに頑張っていきましょう。


お店を探している人は、やっくんにお任せください!



やっくんは全国の稼げる風俗を紹介しています。
お陰様でやっくんブログは月間20万PVを超える日本で1番見られている風俗紹介ブログになりました。

 

  • 今の稼ぎに不満のある方、もっと稼ぎたい方
  • 出稼ぎでガッツリ稼ぎたい方
  • 未経験だから安心できるお店で働きたいという方

どんな方でも満足のいくお店をご紹介いたします。

 
こちらからご応募ください。
 
写メ面談も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。


 
サービスページ



やっくんはメンズエステもプロデゥースしています



風俗に抵抗がある方、卒業したい方はメンズエステのお仕事を始めてみませんか?
 

  • 風俗に抵抗がある方
  • 加齢とともに稼げなくなってきた方

そんな方でも安心して働けるメンズエステ店が関西(梅田・心斎橋・難波・堺筋本町・京橋・神戸・京都)にあります。

 

20代~30代前半のセラピスト中心のお店、35歳から40代のセラピストが中心のお店の2つのタイプのお店があります。

 

「メンズエステを初めてよかった」そう思ってもらえるように、僕も頑張るので一緒に頑張りましょう。


 
サービスページ