風俗の面接でやってしまいがちなNGマナー20選

風俗の面接でやってしまいがちなNGマナー20選

こんにちは、風俗のお仕事を女の子に紹介している専門家やっくんです。

面接って変に緊張してしまって、印象が悪くなるような行動を悪気もなくやってしまう人たちがたくさんいます。

『風俗の面接だから』と軽く考えていると、
実際もらえるはずのお給料が下がったり、不採用で別のお店に回されるなんてことも・・・

今日は風俗の面接でやってしまいがちなNGマナー20選をご紹介します!

この記事を読んで意識すれば、下手に悪い印象を持たれずに済みます。

 

風俗面接でやってしまいがちなNGマナー20選

人間誰しも失敗はあります。

「なんであんなことしてしまったんだろう・・・」と後悔するようなことは、いくらでもあります。

そんな風に後悔しないためにも、この記事で「あっ。この行動はダメなんだ・・」と自覚してください!

そこからがスタートです。

では解説していきますね!

 

連絡なしの遅刻

こんなこと当たり前の話なのですが、
風俗・水商売などのナイトワーク系のお仕事を希望する人に多いダメ特徴です。

5分や10分面接に遅れるとか、
へっちゃらで、むしろ「わたし悪いことしました?」くらいの顔で平然と謝りもしない人がたまにいるのでビックリします。

そんな人は、稼ぐ以前に稼げない人なんですよ。

遅れるなら遅れるで、ラインでも電話でも「すみません。電車が遅れていて10分ほど遅れそうです。。」と謝りの連絡の一つでも入れるのがマナーっていうもんです。

ぶっちとかはマジで論外です!!

てか、ぶちるなら何故応募した?と疑問です。

ぼくはそういう人のことは『泥棒』と一緒だと思っています。時間を盗む泥棒だって。

これからもそうやって人の時間を盗んでは、色んなお店の面接をぶちってチャンスをことごとく逃していく人なんだと思ってます。

少しでも心当たりがある人は、真面目になりましょう。

まずはそこから何かが変わると思いますよ!

 

挨拶なし

面接官から「初めまして!」と言われたら、「初めまして!」と返事しましょう!

第一印象が良いに越したことはありません。

無言とか、会釈(えしゃく)だけとか、めっちゃ小さい声の挨拶とかは、その時点でマイナス印象です。

テンパってしまい挨拶を忘れてしまう人は、

  1. はじめまして!
  2. こんにちは!
  3. よろしくお願いします!

をセットで使うようにしましょう。

 

無愛想

「え?なんで若干キレてるの?」みたいな無愛想な顔の女の子たまにいます。

「こういう顔なんです」みたいな屁理屈みたいな言い訳する人もたまにいますが、

じゃあ分かってるなら、少しでもそういう顔にならないように意識しようよ。って思うのはぼくだけですか?

無愛想な顔って分かってるのに直さないのは、もうただの放棄でしかありません。

面接では明るい顔・笑顔・スマイルが大事です。

笑う門には福来たるじゃないですが、そういうポジティブな精神の人たちにお金は寄って来るものです。

 

タメ口

ローラ

ローラ

ぼくは初対面が年下だろうが、年上だろうがいきなり『タメ口』を使う人の神経を疑います。

もう怒るっていうか、呆れます。

ルックスがローラちゃんレベルでもキレます。

いや許すかな・・。いや、キレ・・・・・るよなたぶん。うん。

って、こんな可愛い女の子レベルでも、やっぱり違和感を覚えるので、一般人は無難に敬語でいきましょう。

変に自分のハードルをあげる必要なんて、一切ないですから。

 

会話が一方通行

面接官の話をさえぎって、

「そうなんですよ〜。聞いてください!わたしはなんとかかんとかで〜、なんとかかんとか、すんとか〜・・・・」

って、自分の話を1分以上繰り広げるような一方通行な話し方はやめましょう。

あなた一人の独演会じゃないので、面接官と会話をすることを心がけてください!

基本的には質問形式で面接は進んでいくので、会話のキャッチボールにはなりにくいのですが、

面接官の質問→あなたの答え→面接官の質問→あなたの答え

みたいな感じで、テンポ良く面接が進んでいくような形を意識しましょう。

 

「はい」「いいえ」だけで全て答える

面接官に何を聞かれても、

「はい」か「いいえ」だけで、返事するとテキトウな感じが出てしまいます。

結構最新のロボット(AIとか)でも、はい、いいえ以外の答えもしっかり答えられる時代ですからね。

はい、いいえで答えるのなら、その後に『はいの理由』『いいえの理由』をしっかり付け足すことが重要です。

ロボット以下の答えに、人間がならないように注意しましょう。

 

面接官と目を合わせない

コミュ障の女の子は、人と目を合わせられない女の子もたくさんいます。

でも、コミュ障をある程度克服しないと、風俗のお仕事自体できないですからね・・・

人と目を合わせられない人は、相手の鼻を見て話せば恥ずかしさとか、気まずさがなくなりますよ!

ぼくも目をずっと見つめるのがきつい人の場合は、相手の鼻を見たり額を見て話すように心がけています。

 

椅子にもたれかかる

面接を行う事務所で背もたれが付いている椅子があった場合、座った流れで椅子にもたれかかってしまう人もいるかと思います。

ですが、面接官から見て、その姿は態度が悪く見えてしまうので損です。

背筋をピンと90度に伸ばして!軍隊みたいにしろ!というつもりはありませんが、もたれかかるのはやめましょう!

 

足を組む

理想な面接の座り方

理想な面接の座り方

面接で足を組む女性も時たまいらっしゃいますが、それも細かく言えばマナー違反です。

足は組まず、右左どちらでもあなたが楽な方が構いませんが、流すのが理想の座り方です。

相手にも綺麗に見えますし、下品に写りません。

常に自分が綺麗に見えるように意識して、面接を受けるようにしましょう!

 

猫背

猫背

猫背はスタイルが悪く見える

椅子にもたれかかるのもダメですが、前のめりに猫背になりすぎるのもアウトです。

態度が悪いというか、スタイルが悪く見えるし、何よりダサく見えます。

隠キャじゃなくても、隠キャに見えます。

背筋はなるべく伸ばして、スタイルがよく見えるように意識して椅子に腰掛けましょう!

 

髪の毛をいじくる

癖とかで、自分の髪の毛をくるくる手で巻いて遊ぶような行動もやめてください。

「聞いてる?こっちの話…」って面接官じゃなくても、誰が見てもそう思います。

お手手はお膝の上で、『待て』させといて下さい。

 

手で遊ぶ

指遊び

指遊び

髪の毛以外でも、手で遊ぶのも禁止です。結構やりがちな人多いです。

指同士をくるくる回して遊んだりしてる人。

なにしとんねん。でしかありません。

机の下ならOKだろう。みたいに考えずに、お手手は膝の上で我慢させといて下さい。

いっても30分くらいで終わるので、それくらいの時間は我慢しましょう。

貧乏ゆすり

貧乏ゆすりも当然やめましょう。

集中力のなさを相手に感じさせますし、何より下品です。

男でも引くでしょ?あなたの彼氏がご飯屋さんで貧乏ゆすりとかしてたら

引かないって人は、その下品な感性のまま風俗のお仕事をしてもいいお客さんは掴めないので、

今から『貧乏ゆすり』は下品だと改めて認識して下さい。

本当に下品なんで。

 

ボサボサな髪の毛

面接に行く時の髪の毛がボサボサな女の子なんて、マナー違反中のマナー違反です。

てか、ヤル気ある?って普通に思ってしまいます。

働く気ある?稼ぐ気ある?と色々な質問をそんな人には3時間くらいぶつけ続けたいくらい疑問です。

だって、そんな髪の毛で面接に行っても結果なんて見えてるじゃないですか?

だから、絶対に髪の毛は綺麗にセットして100点満点に近い状態で面接を受けて下さいね。

下記の記事では、風俗の面接でNGな髪型や髪色など気をつけるべきポイントを解説しました。

風俗の面接でNGな髪型や髪色など気をつけるべきポイント

2018.07.18

 

だらしない格好

スウェットとか、ヨレヨレのシャツとか着て面接に行くのも当たり前ですがNGです。

面接って、その後の働きやすさとかも変わるので、軽く考えない方がいいですよ!

「でも、どんな服着ていけばいいか分からないし。。。」

って人のために、風俗の面接にベストな服装や下着などを下記の記事では解説しました。

風俗の面接にベストな服装や下着などを専門家が徹底解説!

2018.07.17

 

すっぴん

服装と同じようなことなのですが、すっぴんもアウトです。

ほとんど化粧をしないようなすっぴんに自信があるような女の子でも、

  • 眉描いて、
  • アイシャドウもパパッと塗って
  • グロス塗る

くらいの最低限の化粧をして、行って下さいね。

下記の記事では、風俗の面接官にウケるメイクやカラコンを解説しました。

風俗の面接官にウケるメイクやカラコンの種類まで徹底解説【動画付き】

2018.07.20

 

香水のつけ過ぎ

あなたはいい匂いって思っても、周りからみたら尋常じゃなく臭いような香水をつけてくる人もたまにいます。

もうお水丸出しの匂いっていうか、、、なんていうか、、、

あくまで目安ですが、
香水は手首に1・2滴落として、それを首周りに擦り付ける程度に留めておきましょう!

それ以上は、周りからしたら悪臭です。

香水ではありませんが、タバコの匂いにも注意して下さいね。

 

ケータイを触る

ケータイを触るのも、当たり前ですがマナー違反です。

基本的にはマナーモードにして、カバンの中にしまっておきましょう!

お店と連絡先を交換するときには、ケータイを触れるので、それまでは面接に集中しましょう。

なんども言いますが、そんな時間もかからないことなので、小一時間くらいは我慢して下さい。

 

前のお店の愚痴をこぼす

これは風俗経験者限定の話なのですが、

  • 前のお店のスタッフは最悪で。
  • 前のお店は全然お客さんが来なくて。

などの愚痴は言いたい人もいるかもですが、
面接官にはいい印象は持たれませんので、あまり言い過ぎるのはやめましょう。

ネガティブな発言は「同じような不満を持ったら、結局辞めてしまうんじゃないか・・・」という印象につながります。

ネガティブは控えて、ポジティブな明るい女の子を意識すれば自然にお店も稼がせてあげようと頑張ってくれるものです。

 

他店と天秤に掛ける発言

たまにこういう女の子もいるのですが、

「すみません。実はA店とB店にも面接に行っていて・・・・」

みたいな色々なお店に面接に行って、堂々と天秤にかけていることを伝えるような人です。

天秤にかけて、条件の良いお店を選択するという考え方も分かります。

でも、『ばれないウソ』をつくことも面接では大事です。

馬鹿正直にその時に面接官にそんなことを言ってしまったら、どう思われるのか?ということも考えなければなりません。

あなたがそういう風に、色々なお店に面接に行っていることなんて、あなたが言わなければ知りようがないことなので。

お店の決め方は自由です。賢くウソをつけることも、稼げる女性に必要なスキルかと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日は風俗の面接でやってしまいがちなNGマナー20選をご紹介しました!

これで面接で極端に印象が悪くなるような失敗をせずに済むようになりましたよね^^

ぜひ参考にしてください。

そもそも面接を受けようとしているお店が自分に合っているのか不安になってきました…。

みたいな人は一度やっくんにお店探しをご相談ください。

お問い合わせお待ちしております。

 

>>次のページは
風俗の面接体験に行く前に絶対読むべき記事まとめ


お店を探している人は、やっくんにお任せください!



やっくんは全国の稼げる風俗を紹介しています。
お陰様でやっくんブログは月間20万PVを超える日本で1番見られている風俗紹介ブログになりました。

 

  • 今の稼ぎに不満のある方、もっと稼ぎたい方
  • 出稼ぎでガッツリ稼ぎたい方
  • 未経験だから安心できるお店で働きたいという方

どんな方でも満足のいくお店をご紹介いたします。

 
こちらからご応募ください。
 
写メ面談も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。


 
サービスページ



メンズエステも経営しています!!

風俗に抵抗がある方、卒業したい方はメンズエステのお仕事を始めてみませんか?

 

風俗に抵抗がある方

加齢とともに稼げなくなってきた方

 

そんな方でも安心して働けるメンズエステ店を大阪(梅田・心斎橋)で運営しています。

20代~30代前半のセラピスト中心のお店、35歳から40代のセラピストが中心のお店の2つのタイプのお店を運営しています。

 

「メンズエステを初めてよかった」そう思ってもらえるように、僕も頑張るので一緒に頑張りましょう。

こちらからご応募ください。


ABOUTこの記事をかいた人

やっくん

「体を張るに見合うだけの報酬を手に入れる」そんな当たり前の事ができてない風俗業界に憤りを感じ、紹介会社を立ち上げました。元デリヘルオーナーの経験をいかし、「稼げるお店」「いいお店」だけを厳選して紹介しています。風俗が嫌な女性でも働けるメンズエステのお店もやっています。
⇒詳しいプロフィールを見る