風俗の面接で落とされる人の特徴。こんな女の子はお店に嫌がられる。

風俗の面接で落とされる人の特徴。こんな女の子はお店に嫌がられる

こんにちは、やっくんです。

風俗嬢として働こうと思えば、まず働く前に面接があります。

この風俗での面接ですが、「風俗の面接なんて余裕やろ」と思っている人は痛い目を見ます。

未経験の人達はびっくりするかもしれませんが、風俗の面接は普通に落ちます。

今は働く女の子も増えているので、店側も採用する女の子をしっかり選ぶんです。

だからお店選びって難しい、、、

そんなふうに風俗店の面接に落とされて路頭に迷わないようにするにはどうすれば良いのか。

今回は、風俗店の面接で落とされる人の特徴とお店から嫌がられる女の子の特徴について解説していきます。

 

風俗店の面接で落とされる人の特徴

男

一般常識のない人、態度が悪い人

一般常識がない人や相手に対してリスペクトが無く態度が悪い人は面接に落とされます。

なぜなら風俗は接客業だからです。

どんな接客業でも同じですが、常識のない人や態度の悪い人は必ずお客さんとトラブルを起こします。

通常であれば、お店のスタッフとの初めましての面接なんかはかしこまるくらいが普通ですよね。

そんな状況であるのにも関わらず、態度が悪い人はお店からしても不安ですよね、、、

逆の立場になって自分が面接する立場になったことを想定して、どんな人が面接に来たら印象が良いかを考えて相手と接するようにして下さい。

いくら風俗で働くといっても、常識の無い行動をとると不採用になります。

 

ドタキャン、連絡無しに遅刻する人

風俗の面接に落ちる人でありがちなのが、何回か続けてドタキャンをしてる人と連絡無しに遅刻する人です。

風俗の面接が緩いからと思って、遅刻を平気でする人は多いですが絶対にダメです。

一般企業なら速攻で不採用になりますよね。風俗の面接もその感覚で受けれれば採用率はグッと上がります。

ただ電車が遅れたり道を間違えたり忘れ物をしたりなど、どうしようもない時もありますよね。

そんな時は一本お店に連絡を入れれば大丈夫です。遅刻する大半の人は連絡無しに遅刻してきます。

一本連絡するだけで「この子は遅刻したけどきちんと連絡してくる」と高い評価になります。

たまにあるのが、「予定が入ったので面接別日にして下さい」と言う連絡です。

お店からすると、「いやいや、面接は予定ちゃうんかい!」となります。

それだけで印象が一気に悪くなります。予定はきちんと守りましょう。

 

短すぎる出勤時間

短すぎる出勤時間だとお店から嫌がられしまいます。

通常のヘルスやソープだとすれば、最低でも60分からになります。

デリヘルになると、プレイ時間以外にも移動時間があるのでもっと時間が必要になります。

たまに未経験の人で、1時間2時間しか出勤できないと言う人もいますが相当にキャストが足りていないお店でないと採用されません。

お店からすると在籍してもらう意味がないからです。

それなら、週一回で6時間以上出勤する時間を作って働く方が絶対に良いですし採用してくれます。

 

お店のコンセプトや料金形態に合ってない

お店のコンセプトに合っていない人も、面接に落とされてしまいます。

デリヘルなどの風俗店は年々増え続けていて、2021年に営業している風俗店はかなりの数があります。

営業している風俗店はコンビニの数と同じくらいあると言われていて、誰もが全てを把握しきれていません。

たくさんの数の風俗店があると、様々な料金形態や様々なコンセプトのお店ができてきます。

  • 素人店
  • OL店
  • 人妻店
  • 激安店
  • 大衆店
  • 高級店

他にもたくさんありますが、パッと思いつくだけでもこれだけあります。

これだけお店があるのに、適当にお店を決めてしまう女の子が多いのが現状です。

正直かなり勿体無いですし、時間を無駄にしてしまいます。

まずは、自分に合ったコンセプトや料金を見定めてから面接に行くようにしましょう。

 

風俗の仕事を舐めきっている、下に見ている

たまにいてるんですが、風俗という仕事を舐めきって下に見ている女性がいます。

そんな人は風俗に対する知識が皆無です。風俗の仕事はかなり大変ですし、一度働いた事がある人は馬鹿にするような発言は絶対にしません。

未経験でプライドの高い人に限って、風俗の仕事を下に見がちです。

  • 「私は〇〇だから〜」
  • 「最低でも10万円は稼げないと〜」
  • 「超高級店じゃないと〜」

など、自分語りばかりで理想がとても高いのも特徴です。

未経験の人でこんな感じで言ってくる人はほとんど自分の価値が分かっておらず、自分が思っているようなお店で働ける人は少ないですし、面接に普通に落ちる人も多いです。

風俗のお仕事は、究極の接客業とも言われるほど大変で誇らしい仕事です。

舐めたり、下に見ているような人は働いても上手くいかないので考え方を改めたほうが良いです。

 

清潔感が全く無い人

風俗業はお客さんと対面で仕事をする接客業です。

どんな接客業でも1番大切なのは清潔感です。

自分も買い物に行って店員さんが不潔だったり臭かったら嫌ですし、そのお店で買い物しようと思わないですよね。

それと同じです。風俗も接客業なので不潔で相手を不快にさせてしまってはいけません。

面接前は匂いのつく食事は避けましょう。この子口臭が、、、と思われたらかなりマイナスポイントです。

服装も面接だからと思ってダルダルの服では絶対にダメです。シワは伸ばして女性らしい服装で化粧も直前に直すようにして下さいね。

お昼の仕事の就活はスーツなどの正装をして行くと思いますが、基本的にはそれと同じ感覚で風俗の面接も臨んでください。

 

ここを特に注意しておけば面接に落ちません!

男

謙虚で性格の良さをアピール

風俗店にも様々な女の子が面接に来ます。

基本的に風俗店は俗に言うスレた女の子を敬遠する傾向にあります。

風俗業界はイレギュラーな事が起こりやすくトラブルなども、お昼の仕事に比べると起こりやすいです。

特にスレた女の子は、トラブルメーカーになりやすくお店側の仕事が増えて負担が大きくなりやすいです。

なので、面接の時は自分はそんなトラブルを起こしにくい性格の良い女ですよとアピールできればお店も採用してくれやすくなります

 

やる気をアピール

採用してもらうに大事なことはやる気があるかどうかです。

風俗店の面接官も人間なので、最後に見るところはやる気です。

採用ギリギリの容姿でも、やる気さえあれば採用してくれるお店がほとんどです。

風俗で働く女の子は遅刻や当日欠勤をする事が多いです。最初のうちはしてなくてもある程度稼げていたり業界に慣れていってしまうとそうゆうふうになっていってしまいます。

なので、お店側はやる気があってだれずに頑張ってくれる子を重宝してくれます。

 

お給料やお金の話は面接後半にする

風俗で働こうと思う人の理由のほとんどがお金を稼ぎたいからだと思います。

実際にお金は大切ですし、どうせ働くのであれば1円でも多く稼ぎたいですよね。

面接の時は必ずバックの話やお給料の話をします。なので焦ってはいけません。

焦って面接に行ってすぐに、

  • 「バックは〜」
  • 「お給料は〜」
  • 「一日幾ら稼げるか〜」

などと焦って話をすると印象が悪くなってしまいます。

お店からすると「待て待て、まず採用するかも決めてないし」となりますよね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は風俗の面接で落とされる人の特徴について解説していきました。

ここで解説したことをしっかり頭に入れておけば、面接の採用率はグッと上がります。

面接に落ちたくない人は、よく記事を読んで頭に入れておいてくださいね。


お店を探している人は、やっくんにお任せください!



やっくんは全国の稼げる風俗を紹介しています。
お陰様でやっくんブログは月間20万PVを超える日本で1番見られている風俗紹介ブログになりました。

 

  • 今の稼ぎに不満のある方、もっと稼ぎたい方
  • 出稼ぎでガッツリ稼ぎたい方
  • 未経験だから安心できるお店で働きたいという方

どんな方でも満足のいくお店をご紹介いたします。

 
こちらからご応募ください。
 
写メ面談も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。


 
サービスページ



やっくんはメンズエステもプロデゥースしています



風俗に抵抗がある方、卒業したい方はメンズエステのお仕事を始めてみませんか?
 

  • 風俗に抵抗がある方
  • 加齢とともに稼げなくなってきた方

そんな方でも安心して働けるメンズエステ店が関西(梅田・心斎橋・難波・堺筋本町・京橋・神戸・京都)にあります。

 

20代~30代前半のセラピスト中心のお店、35歳から40代のセラピストが中心のお店の2つのタイプのお店があります。

 

「メンズエステを初めてよかった」そう思ってもらえるように、僕も頑張るので一緒に頑張りましょう。


 
サービスページ