風俗の高級店で採用される為に求められるスペックと稼ぐコツ

高級店

こんにちは、やっくんです。

風俗店の料金形態は大きく分けて3つに別れます。

  1. 激安店
  2. 大衆店
  3. 高級店

この3つになり、ピンからキリまで値段の幅はあります。

この料金形態が分かれている中で今回は高級店について解説していきます。

あなたは「高級店」と聞くとどんなイメージを持ちますか?

  • 稼げそう
  • 値段が高そう
  • 綺麗な人しかいてない

など、色々なイメージがあると思います。

風俗でどうせ働くのであれば、誰よりも稼ぎたいと思うはずです。

給料に関しては、高級店は客単価が上がるので必然的に女の子バックも高くなります。

 

高級店とは

冒頭でも説明していますが、風俗には大きく分けて3つの料金形態があります。

  1. 激安店
  2. 大衆店
  3. 高級店

この3つの中で一番値段が高いのが、文字通り高級店です。

他のお店の料金より高目の設定なので、誰でも採用になる訳では無く採用基準も他のお店に比べると高くなります。

顔立ちやスタイルはもちろん重要で、一般的に美人や可愛いと言われる人で無いと働くことは厳しいです。

容姿以上にどれくらいお客さんを持っているかでも採用不採用に影響します。

他のお店より値段が高いので、大衆店などに比べるとフリー客の割合が低く女の子によっては、大衆店に在籍していたより暇になってしまうケースもあります。

なので、高い料金でも来てくれるようなお客さんを持っていることが重要です。

 

高級店で求められるスペック

女性

容姿端麗

高級店と言われるだけあって、容姿が整っていることが採用の大前提です。

人生で「可愛い」「綺麗」と言われてきた人は採用される可能性は高いです。

大衆店ではあまりありませんが、高級店などになると下着面接と言ってスタイルも面接で見られて合否が決まることがあります。

なので、面接の日程が決まってからは逆算してご飯の摂生をしたり、面接の時は綺麗な下着を身に付けて行くようにしましょう。

間違っても上下別々の下着を身に付けて行ってはダメです。普通に面接で落とされてしまいます。

 

高身長

高級店では基本的に高身長が好まれます。

モデルの人が高身長が好まれるように、高身長であればスタイルが良く見えてお客さんからの評価も高くなります。

高級店のお店によっては、身長が160cm以上で無いと採用してくれないお店があるくらいです。

それくらい女性の高身長には価値があります。

160cm以上に女性は一度高級店に面接に行ってみる価値はありますね。

 

肩書き

高級店は何か肩書きがある人も好まれます。

  • AV女優
  • レースクイーン
  • モデル
  • 秘書
  • CA
  • 高級クラブ勤務

など、他に自慢できるような肩書きがあれば採用率は格段に上がります。

お客さんもそういった肩書きのある女性には、中々出会うことがないので喜ぶ人も多いです。

 

全てナチュラルな人が好まれます

高級店などでは、派手な化粧や髪型の人は採用してくれません。

コンセプトなどにもよりますが、基本的にどこの高級店も黒髪にナチュラルなメイクな人を好んで採用します。

濃い化粧や金髪、派手な服装は高級店に遊びに来る客層と合いません。

肌も重要で綺麗にお肌のケアをしておく事は大事ですし、他タトゥーに関しては大きなマイナスポイントになってしまいます。

お客さんは相場より高いお金を払って遊びに来るので、自分自身も相場より上の女の子でなければいけません。

 

ギリギリ採用の人は基本稼ぐには難しいです

高級店でギリギリ採用の人は、基本的に稼ぐのは難しいです。

女性目線で言うと、「どうせ働くなら他より高いバックを貰って稼ぎたい」と思いますよね。

気持ちは分かりますが、その気持ちが強すぎると空回りして良い稼ぎを生み出す事はできません。

まず、高級店に限らずですが採用ギリギリのお店で働く事はオススメしません。

自分自身がお客さんの立場になって考えてみてください。

同じお店で同じ料金を払ったときに、お店に中でも3本の指に入る可愛い女の子と、下から数えたほうが早いあまり可愛くないキャストだとどっちと遊びたいと思いますか?

よっぽどの曲者ではない限り、3本の指に入る可愛い女の子を選ぶと思います。

なので、基本的に採用ギリギリのキャストの中で下から数えたほうが早い女の子は、また指名してもらえる確率が低く稼ぐのが難しくなります。

風俗で稼ぎ続ける為には、お店の中で目立つ必要があります。キャストの中で埋もれてしまったら稼ぎ続ける事は絶対に不可能です。

お店の中で目立つ為に、お店のランクを1つ下げて見るのも作戦の1つです。

 

どんな人が高級店を利用するのか

車

高級店と言っても、値段はピンキリです。

2万〜10万くらいまでなら普通にあります。

なので、お客さんの層も幅広いです。サラリーマンや公務員の人もいてるし、社長や役員クラスのお客さんももちろんいてます。中にはスポーツ選手や芸能人もいてます。

幅は広いですが高級店となると遊び慣れているお客さんも多いです。

指定する場所も安めのラブホテルは少なく、自宅かシティホテルみたいな場所が多くなります。

風俗に大金を使える富裕層の人が多いので、余裕があって紳士な人が多いので女性の精神的な苦痛は少ない傾向にあります。

フリーで遊ぶ人は少なく、ほとんどが指名になるのでお客さんに選ばれる容姿と接客技術が特に必要になってきます。

どこで働いても良いお客さんと悪いお客さんはいますが、比較的に良いお客さんが多いので働く環境としては良いでしょう。

 

高級店のお給料

高級店の魅力はお客さん料金が高いので、バックも高いことです。

一本仕事を行くたびに最低でも2〜3万円のバックを受け取ることができるので、3本仕事に行くだけで10万近くの稼ぎを得ることができます。大衆店などの約2倍ですね。

高級風俗店で働く人の中には、自分の指名のお客さんが来るときだけ出勤して1日3時間で8万円稼いで帰るみたいな人もいてます。

他には芸能人やAV女優の肩書きがある人は、市場価値が高く料金やバックも跳ね上がります。

そういった価値を持っている女性であれば、一日20万以上稼ぐ人もザラにいてます。

 

高級店で稼ぐコツ

高級店で稼ぐにはとにかく自分磨きをすることと、自分のお客さんを最低3人見つけることです。

激安店や大衆店で遊ぶ人は、「なるべく安くお得に遊ぼう」としている人が多いです。

それとは逆に高級店に遊びに来る人は、「いくらかかっても良いから良い女の子と遊びたい」という考え方です。

料金の事をあまり気にしないので、良いと思ったらまた確実に指名してくれて高頻度でリピートしてくれる確率が高いです。

なので、一回一本のお仕事がかなり大事になります。

激安店、大衆店であればたくさんの本数をこなして回転で稼ぐことができますが、高級店ではそういう訳にいきません。

高級店で稼ぐには一回一本のお仕事を大切にするのが大切になります。

 

高級店で働くデメリット

バックは高いし客層も良いとなれば、誰でも高級店で働きたいですよね。

けど高級店にめデメリットはあります。誰でも高級店で働けば、稼げる訳ではありません。

まずあなたが稼ぎたいのであれば、高級店の料金に見合った価値になることが必須条件です。

その価値があなたになければ、絶対に稼ぐ事はできません。

その為には、自分磨きに人並み以上にお金を使い気をつけなければいけません。

  • 美容院
  • ネイル
  • エステ
  • 脱毛
  • ジム

このように、お金がかかっても高級店で働く為の自己投資と思い通い続けなければいけません。

入って来るお金も多いですが、その分出ていくお金も多くなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高級店で働けば誰でも稼げる訳ではありません。

あなた自身がその高級店の値段に見合った女性でなければ稼ぐ事はできません。

見合っているかいないかは、主観的に見るのでは無く客観的に見てです。

高級店で働ける人は是非働いてみてください。

高級店で採用ギリギリの人は、無理して高級店で働くのでは無く大衆店のトップランカーになって稼ぐという選択肢もある事を覚えておいてくださいね。


お店を探している人は、やっくんにお任せください!



やっくんは全国の稼げる風俗を紹介しています。
お陰様でやっくんブログは月間20万PVを超える日本で1番見られている風俗紹介ブログになりました。

 

  • 今の稼ぎに不満のある方、もっと稼ぎたい方
  • 出稼ぎでガッツリ稼ぎたい方
  • 未経験だから安心できるお店で働きたいという方

どんな方でも満足のいくお店をご紹介いたします。

 
こちらからご応募ください。
 
写メ面談も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。


 
サービスページ



やっくんはメンズエステも経営しています!!



風俗に抵抗がある方、卒業したい方はメンズエステのお仕事を始めてみませんか?
 

  • 今風俗に抵抗がある方
  • 加齢とともに稼げなくなってきた方

そんな方でも安心して働けるメンズエステ店を大阪(梅田・心斎橋・京橋・神戸)で運営しています。

 

20代~30代前半のセラピスト中心のお店、35歳から40代のセラピストが中心のお店の2つのタイプのお店を運営しています。

 

「メンズエステを初めてよかった」そう思ってもらえるように、僕も頑張るので一緒に頑張りましょう。


 
サービスページ