風俗の面接で履歴書は必要?本当に必要な持ち物まとめ

風俗の面接で履歴書は必要?本当に必要な持ち物まとめ

こんにちは、風俗のお仕事を女の子に紹介する専門家やっくんです。

風俗の面接に履歴書は持っていく必要がありますか?

こんな質問を頂きましたのでお答えします。

風俗の面接では履歴書は必要ありません。
むしろ手ぶらでも全然問題ないお店も多いので、そこまで神経質にならなくても大丈夫ですよ^^

しかし、履歴書以外で持っていった方がいい持ち物は何点かあります。

それをこの記事では、まとめてご紹介します!

 

風俗の面接で履歴書以外に本当に必要な持ち物まとめ

風俗のお仕事では、あなたの見た目そのものが履歴書みたいなものですから、

持ち物含め、身なりを精一杯まで整えるのがマナーです。

身なりでマイナス評価にならないためにも、事前にチェックしておきましょう!

 

カバン、バック

ミュウミュウのカバン

ミュウミュウのカバン

まずカバンは必須アイテムです。

手ぶらでももちろん面接を受けれなくはありませんが、あれ忘れた。これ忘れた…。みたいな感じで困る羽目になります。

バッグのブランドは意識しなくても大丈夫ですが、
清潔感がある白などの色のバックだと面接官にも好印象を与えられます。

バッグが汚れていたり、バカみたいなキーホルダー(ふなっしーとか)を付けて面接に行くのはやめて下さい。

 

財布・現金

必要最低限の現金も一応、念のために持っていきましょう。(1万くらいでOK)

電車やバスが全然来ない…。みたいなトラブルが発生した際に、現金が少しでもあれば、最悪タクシー使えますからね。

10万も20万も必要ありませんけど、最低限の現金は財布と一緒に持っていきましょう。

 

ケータイ(スマホがベスト)

ケータイもお店の人と連絡先を交換するのに必要になったりするので、必需品です。

未だにガラケーの人って少ないと思いますけど、
持っていかないという選択肢はありませんので、そういう人も絶対に持って行って下さい。

できればスマホ!てかスマホが便利!

メモ帳やら、スケジュール帳のアプリとかも色々ありますし、
今の時代ラインで連絡先を交換しないアナログ店舗など聞いたことがありません。

「電話番号もラインもお店の人に教えたくないので、、、」みたいな神経質な人はライン@をインストールしましょう!

ライン@とは

個人のプライベートラインとは別に、仕事用で使える全く別のアカウントみたいなものです。

ライン@を使えばタイムラインを覗かれたりすることもありませんし、源氏名でも登録できるのでお客様と連絡先交換もできるようになります。

 

ハンカチ

バーバリーのハンカチ

バーバリーのハンカチ

面接までの道のりで、電車乗ったり、歩いたりすれば、じんわり額に汗がにじむことだってあります。

その時に放置して化粧崩れした顔で面接を受けたら、せっかく頑張ってメイクをした意味もなくなります。

面接前にささっと額の汗を拭き取れるようなハンカチ1枚くらい持っておくと便利です。

 

手鏡

THREE

THREE

面接前の最終の自分の顔面をチェックする時に必要です。

適当にハンカチやティッシュで顔をこすったりして、アイシャドーとかが顔の変なとこに飛び散ってたら最悪ですからね…

そういう事故を防ぐためにも、手鏡は必ず持っていきましょう。

 

筆記用具

気になった面接内容やお店のルールなどは、メモに書いて残しておくためにも筆記用具があれば便利です。

ボールペン1つとメモ帳があればいいレベルです。

 

スケジュール帳

女の子のスケジュール帳

女の子のスケジュール帳

あとスケジュール帳なんかもあれば便利です。

面接だけで帰る時は、初出勤の日時も書けますし、その時に必要な持ち物なんかもか書いておけますしね。

僕は面倒臭がりなので、いつもケータイのスケジュール帳を使いますけど、
女の子はスケジュール帳使ってやってる子の方が多いように感じます。

可愛くマークなんか付けてるの見ると、尊敬します。あれすごい…

 

腕時計(あれば)

ウォッチコレクション オクタゴンフェイス ダークブラウンレザーベルト

ウォッチコレクション オクタゴンフェイス ダークブラウンレザーベルト

腕時計なんかも持ってる人はつけて行った方がいいかもです。

今はケータイで時間確認する人の方が多いと思いますけど、
面接中にチラチラスマホ見たら集中力がないように思われますからね

自然に時間も確認できるので、腕時計持ってる人はつけて行きましょう!

この写真の腕時計みたいに細めのデザインの時計なんかがベスト。

これゾゾタウンで2万5千くらいで買えるので結構掘り出しもんな気がします。

 

体験入店をする場合に必要な持ち物まとめ

ここからは体験入店をする時に必ず必要な持ち物になります。

面接だけで強制終了させられないように、体験入店もしてがっつりお金を持って帰りたい人は忘れずに用意しましょう!

 

身分証

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住基カード
  • パスポート

などの顔写真付き身分証は、風俗で働く時に必ず必要になるものです。

最近は身分証確認に厳しいお店が多いので、本籍地記載の住民票もセットで上の4点の他に必要なお店も増えてきました。

ソープランドや箱ヘルスなどの店舗型は特に必要!

 

  • 保険証
  • キャッシュカード
  • クレジットカード
  • タスポ
  • 卒業アルバム
  • 学生証

などは正確にいうと身分証ではありません。(公的なものではない)

このようなものだけで働ける身分証チェックがゆるいお店は、最悪摘発のリスクを伴います。

可能性は低いですが、
もしお店が摘発でもされたら事情聴取とかいろいろややこいことに、
あなたも巻き込まれる可能性が高いので、面倒臭がらずに用意しましょう。

下記の記事では風俗で働くために必要な身分証の揃え方などを解説しました。

風俗で働くために絶対に必要な身分証とその5つの取得方法

2016.05.15

 

化粧ポーチ

化粧ポーチ

化粧ポーチ

お仕事の合間合間で化粧直しするのは、お仕事の一つです。

  • パフ
  • フェイスパウダー(コンシーラー、ブラシ付きフェイスパウダーでもOK)
  • マスカラ
  • アイライン
  • リップアイテム(リップ、色付きリップ、口紅、グロスなど)
  • チーク
  • 眉ペン
  • ティッシュ

くらいあれば、一通りお化粧も直せます。

下記の記事では、風俗の面接官にウケるメイクやカラコンの種類まで解説しました!(動画も交えて)

風俗の面接官にウケるメイクやカラコンの種類まで徹底解説【動画付き】

2018.07.20

 

換えの下着(パンツは必須)

エメフィール公式通販サイ

エメフィール公式通販サイト

換えの下着も1枚・2枚くらいあれば便利です。ブラはともかくパンツは特にあった方が便利。

可能性として汚れることも、プレイの始り方によっては無きにしもあらず・・・って感じなので。

一応下記の記事では、風俗の面接にベストな服装や下着などをまとめて解説しました。

準備は完璧であれば完璧であるほどいいと思います。

風俗の面接にベストな服装や下着などを専門家が徹底解説!

2018.07.17

 

予備のストッキング

ストッキング

ストッキング

ストッキングを履いている人は、伝線などに備えて予備を持っていくようにしましょう!

伝線したままだと見栄えも悪いですし、ただただ恥ずかしいですからね…

ここで一つ豆知識なんですけど、

履く前のストッキングを冷蔵庫に入れて、冷やしておくと伝線しにくくなるみたいです。

冷やすことで繊維が固くなって、伝線しにくくなるんだとさ!

 

 

へー

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日は風俗の面接で履歴書は必要?本当に必要な持ち物まとめをご紹介しました!

面接前にそわそわして落ち着かない人は、必ず行く前にこの記事読んでチェックして見てくださいね^^

それよりも面接を受けるお店の方が不安です…。みたいな人は、やっくんにご相談ください!

あなたにあったベストなお店をご提案させて頂きますよd( ̄  ̄)

お問い合わせお待ちしております。

 

>>次のページは
風俗の面接体験に行く前に絶対読むべき記事まとめ


お店を探している人は、やっくんにお任せください!



やっくんは全国の稼げる風俗を紹介しています。
お陰様でやっくんブログは月間20万PVを超える日本で1番見られている風俗紹介ブログになりました。

 

  • 今の稼ぎに不満のある方、もっと稼ぎたい方
  • 出稼ぎでガッツリ稼ぎたい方
  • 未経験だから安心できるお店で働きたいという方

どんな方でも満足のいくお店をご紹介いたします。

 
こちらからご応募ください。
 
写メ面談も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。


 
サービスページ



メンズエステも経営しています!!

風俗に抵抗がある方、卒業したい方はメンズエステのお仕事を始めてみませんか?

 

風俗に抵抗がある方

加齢とともに稼げなくなってきた方

 

そんな方でも安心して働けるメンズエステ店を大阪(梅田・心斎橋)で運営しています。

20代~30代前半のセラピスト中心のお店、35歳から40代のセラピストが中心のお店の2つのタイプのお店を運営しています。

 

「メンズエステを初めてよかった」そう思ってもらえるように、僕も頑張るので一緒に頑張りましょう。

こちらからご応募ください。


ABOUTこの記事をかいた人

やっくん

「体を張るに見合うだけの報酬を手に入れる」そんな当たり前の事ができてない風俗業界に憤りを感じ、紹介会社を立ち上げました。元デリヘルオーナーの経験をいかし、「稼げるお店」「いいお店」だけを厳選して紹介しています。風俗が嫌な女性でも働けるメンズエステのお店もやっています。
⇒詳しいプロフィールを見る