風俗の面接官にバカウケする長所+短所を伝える時のポイント

風俗の面接官にバカウケする長所の一覧+短所を伝える時のポイント

こんにちは、風俗のお仕事を女の子に紹介している専門家おっくんです。

風俗の面接では、

「はい、それではあなたの長所と短所を聞かせてもらえますか?」

みたいな企業面接のような場面はなく、

あなたが自分発信で「私〇〇できます‼︎」みたいな感じでアピールしないと、面接官にあなたの良さは最大限まで伝わりません。

でも、どんな長所が面接官にウケるのかなんて分かりませんよね?

そこで今日は風俗の面接官にバカウケする長所をいくつかご紹介します!

追加で、短所を伝える時のポイントも合わせてどうぞ。

 

風俗店があなたの長所と短所を聞きたい理由とは?

まず本題に入る前に、

なんで長所と短所なんて聞きたいの?

と疑問な女の子もいると思うので理由を説明します。

理由が分かることによって、「そうなんや。だったら絶対に言った方が得だね!」って考えになります。

 

客観的に自己分析できているか知りたい。

SHUFUNOTOMO

SHUFUNOTOMO

風俗の世界には、『自分で自分のことを自己分析できていない人』が大半です。

具体的にどういう人かというと、

  • 激安店レベルのルックスなのに、自分のことを可愛いとか思い込んでいる人
  • 完全なおばさんなのに、自分のことを若いルックスだと思い込んでいる人
  • 自分が失礼な発言をしているかどうかの判断すらできない人

 

言い出したらキリはありませんが、こんな女性がたくさんいます。

風俗のお仕事は、『まともな目』『まともな判断力』『高校生レベルのモラル』

があるだけで、重宝される世界です。

なぜなら、

客観的に自分のことを自己分析できている人は、ダメな部分を指摘されたら自ら直して成長できますからね!

だから、風俗店は客観的に自己分析できる人を求めています。

プライドだけ高い自己分析できていない人は、面接の段階だけで嫌われます。

 

自分の店のコンセプトとマッチしているのか判断したい。

自己分析できているのかを見るのと同時に、

面接官の仕事は、

「うちのお店のコンセプトとマッチするかなー。」と性格やルックスも踏まえて判断するのも仕事の一つです。

例えばの話、

あなたが「わたし、実はパイパンなんです…。」と長所か短所かも分からないけど、カミングアウトしたとします。

そしたらお店が、

うちはロリ系の専門店だから全然OK!むしろパイパンの方がお客さんのウケがいいんだよ!

みたいな展開もあります。

短所が長所かも分からない部分が発言することによって、
いきなり『長所』に変わるなんてことも風俗のお仕事では全然ありえます!

けど、お店選びが間違っていたら短所が長所に変わることはないですけどね・・・・

ルックスも性格も総合的に判断して、自分が働くお店の面接を受けないと、
『A店ではめちゃ稼げる女の子』なのに、『B店では全然稼げない女の子』になってしまう天国と地獄みたいなこともあるのが風俗の怖い所です。

 

風俗の面接官にバカウケする長所とは?

ちょっと前置きが長かったですね。すみません。

それでは本題の風俗の面接官にバカウケする長所をご紹介します。

自分に長所なんてありません…。なんてネガティブな人でも言える長所をご用意しました。

ルックスではなく、『ヤル気』があれば言える長所です。

それではスタート!

 

出勤たくさんできます‼︎系の長所

わたし出勤は週4以上で出られます!!!

みたいな感じで面接官にアピールすることによって、
間違いなく「ありがとう御座います!!助かります!!」と感謝されます。

面接の時に、「月に1回しか出勤できないんですけど・・・」なんていう人は、その時点でお店の人の優先順位は低くなります。

風俗のお仕事では、『たくさん出勤できる!」だけでも十分すぎる長所です。

長所がないと思ってる人は、まずたくさん出勤できるアピールをしてみましょう!

印象だいぶ変わりますよ^^

 

シフト融通効きます‼︎系の長所

女の子が足りてない日とかあれば、言ってもらえればある程度急でもなんとか出れます!

とか

固定でシフト組んでもらっても大丈夫です!

みたいな女の子は、風俗店にとっては神様です。ルックスがどうであれ、美人です。完全に。

お昼間の短時間しか出勤できないとか、勤務時間帯もバラバラな女の子とかもなんだかんだいますからね…

けど、そういう出勤の仕方はお店の人に嫌われるので極力控えましょう。

下記の記事では、お店に嫌がられる風俗嬢の出勤の仕方を解説しました。

お店に嫌がられる風俗嬢の出勤の仕方|レギュラー出勤は月100万の得

2017.06.18

 

風俗メディアに出演できます‼︎系の長所

風俗雑誌のインタビューに答えられます!

とか、

風俗雑誌のグラビア写真撮影に協力できます!

みたいなメディアへの露出ができるのも長所の一つです。

「え…そんなエッチな撮影とか怖くてなんか嫌です…。」みたいに思っている人もいるかもですが、

何も全部が全部エッチな撮影ではありません。

お店に入店した経緯とかを話す、女性求人用の動画の撮影をしたいケースなども今ではあります。

モザイクありでも全然いける撮影もあるので、
内容を聞いて協力できそうだったら、協力してあげるのはあなたにとってプラスでしかありません。

 

短所を伝える時のポイントとは?

最後に短所を伝える時のポイントもお話しします。

ただ何も工夫せずに「わたしのここがダメです。」みたいな言い方をしても、マイナス評価でしかありません。

うまく短所も伝えれば、好印象を与えられます。

それでは解説していきますね。

 

タバコ吸う人は『お客さんの前では絶対に吸いません。』

タバコを吸うことは、風俗の女の子にとっては短所でしかありません。

最近ではタバコを吸ってること自体が、ダサいと思われている時代です。

もちろんお客さんもタバコの匂いや煙が嫌いな人が増えてきました。

けど、現段階で吸っている女の子に禁煙しろ!というのは酷な話だと思います。

なので、面接官には「お客さんの前では絶対に吸いません。けど、タバコは吸ってます。」といえばまだ短所が軽く伝わります。

 

タトゥーがある人は、『テーピングで普段は隠してます。』

タトゥーも同様に、

「普段はテーピングで隠してます。」とか、仕事中は気を使ってますみたいな伝え方をする必要があります。

堂々と隠しませんけど何か?みたいな感じだと、お店の人も対応に困ります。

あなたにとってはオシャレでも、お客さんには不快に思う方もいるので・・・

 

太ってる人は、『痩せる努力はしている途中です。』

太ってる女の子も、
「わたしはポッチャリだから大丈夫!大丈夫!」と変なポジティブを発揮せずに、

「わたし太ってるんですけど、ダイエットは頑張ってます!(にっこり笑顔で)」みたいな感じの方が好感が持てます。

太ってるか太ってないかの判断は、そもそも相手がする問題ですからね。

短所の伝え方によっては、うまくあなたの性格的な長所を同時に見てもらえます。

 

短所を受け入れ、改善する器用さを見せるのが大事!

短所なんて人間誰にでもあります。

でも、それを隠したりする言葉や行動はみっともないだけです。

恥ずかしいのは分かりますが、事実と向き合わないと改善してよくなることは絶対にありません!

僕も以前デブってきて、
それを隠すために大きめのサイズの服着てみたりした時あったんですけど、よくよく考えたらめちゃダサいなって思ったんですよ。

デブを隠すじゃなくて、ダイエットして改善する方向転換ができる器用さが何より大事だと思った経験談です。

短所を隠して生きるのはもうやめましょう!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

風俗の面接官にバカウケする長所の一覧と短所を伝える時のポイントをご紹介しました!

この記事に書いてあることを実践すれば、きっと今のあなた以上に面接官に評価してもらえますよ^^

「長所がない…。」って思ってる人も、ヤル気の部分さえあれば、それだけで風俗のお仕事では長所です!

ヤル気ない人多いですからね…この世界。(なのにお金欲しいとか怖い)

僕は僕を頼って信頼してくれる女の子には、本当に稼いで欲しいと心の底から思っています。

風俗で稼いで、自分がやりたいことを思いっきり楽しめるまで頑張りましょう!!

おっくんブログでは全力で、稼ぎたい女の子をサポートし続けます^^

お問い合わせお待ちしております。

 

>>次のページは
風俗の面接体験に行く前に絶対読むべき記事まとめ


お店を探している人は、おっくんにお任せください!



おっくんは全国の稼げる風俗を紹介しています。
お陰様でおっくんブログは月間15万PVを超える日本で1番見られている風俗紹介ブログになりました。

 

  • 今の稼ぎに不満のある方、もっと稼ぎたい方
  • 出稼ぎでガッツリ稼ぎたい方
  • 未経験だから安心できるお店で働きたいという方

どんな方でも満足のいくお店をご紹介いたします。

 
こちらからご応募ください。
 
写メ面談も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。


 
サービスページ



メンズエステも経営しています!!

風俗に抵抗がある方、卒業したい方はメンズエステのお仕事を始めてみませんか?

 

風俗に抵抗がある方

加齢とともに稼げなくなってきた方

 

そんな方でも安心して働けるメンズエステ店を大阪(梅田・心斎橋)で運営しています。

20代~30代前半のセラピスト中心のお店、35歳から40代のセラピストが中心のお店の2つのタイプのお店を運営しています。

 

「メンズエステを初めてよかった」そう思ってもらえるように、僕も頑張るので一緒に頑張りましょう。

こちらからご応募ください。


ABOUTこの記事をかいた人

おっくん

「体を張るに見合うだけの報酬を手に入れる」そんな当たり前の事ができてない風俗業界に憤りを感じ、紹介会社を立ち上げました。元デリヘルオーナーの経験をいかし、「稼げるお店」「いいお店」だけを厳選して紹介しています。風俗が嫌な女性でも働けるメンズエステのお店もやっています。
⇒詳しいプロフィールを見る