デートの誘いがしつこい風俗客をきっぱり後腐れなく断る3つの方法

デートの誘いがしつこい風俗客をきっぱり後腐れなく断る3つの方法

こんにちは、おっくんです。

あなたはお客さんに「ねえ。今度、外で遊ばない?」とデートに誘われたことはありませんか?

誰しも一度や二度くらいは、風俗のお仕事をしていたら経験があるはずです。

今日はデートの誘いがしつこい風俗客をきっぱり後腐れなく断る方法を教えます!

この記事を読めば、断るのが下手くそなあなたでも、上手に断れるようになりますよ。

 

『しつこいお客さん』の特徴とは?

まず最初に、しつこいお客さんの性格や特徴を知っておかないと攻略はできません。

しつこい男性に共通する特徴をまとめました。

 

限りなく鈍感

しつこいお客さんは、大概なんですけど鈍感です。

女の子が「しつこいな〜。この人。」みたいな顔を露骨に出しても、基本気づきません。

口に出す一歩手前まで言っても、気づかない人もいるくらいです。

ある意味、そういうお客さんって幸せ者だと思うのですが、女の子からしたらいい迷惑ですよね。

 

学習能力0

同じことを繰り返すのも、しつこいお客さんの特徴の一つです。

「すみません。前に無理って言いましたよね?」と何度も同じことを注意しても治らない人が多いです。

もう痴◯症レベルです。

学ばないのか、学ぶ気がないのか、、、どちらにしても女の子側からしたらストレスでしかありません。

 

お猿さん

しつこいお客さんは、基本エッチ大好きなお猿さんばかりです。

「ホテル行こ。」や「俺の家来ない?」など、隙あらばエッチを求めて来ます。

中には、「デートに付き合ってくれないなら、もう指名しないから」 と平気で言う人もいます。

性欲の塊。猿の中の猿です。

 

自分勝手

しつこいお客さんは、自分都合でしかものを考えません。

女の子の意見はフル無視で、自分のやりたいこと・主張をゴリ押ししてきます。

「だからモテないんでしょ。」と言ってあげたくなる気持ちは分かりますが、対処法はあとで説明するので焦らないでください!

 

 

まあ上のような特徴があるお客さんって、

あまり言いたくはありませんが、ただのケモノですよね。

 

こんなお客さんに仕事以外で使う時間は極力減らしたいはずですし、できれば遠ざけたいですよね?

大丈夫です。安心してください。

最後まで、シッカリこの記事を読めば、ちゃんとケモノも大人しくさせることができるようになります。

 

「うまく断れない。。」あなたの性格や特徴について。

しつこいお客さんの特徴について分かったら、次はあなた自身の性格や特徴についてです。

「自分のことだし、もちろん分かってますよ!」と言いたいかも知れませんが、断り切れてない時点で分かっていないのと一緒です。

なので、もう1回改めて断るのが苦手なあなたの性格・特徴について理解しておきましょう。

 

あなたの断れない理由を紐解きます。

しつこいお客さんを断れない理由ってこんな感じじゃないですか?

  • 傷つけたくない
  • 怒らせたくない
  • イメージを悪くしたくない

 

どうでしょうか?

少なくとも一つや二つくらいは当てはまってないでしょうか?

でも、こんな不安を抱えているのなら、今の時点で大きな間違いを犯しています。

 

ただのケモノは傷つかない。

まず「傷つけたくない。」と考えている心優しいあなたに伝えたいことがあります。

あなたが強く断っても、相手はただのケモノなのでそう簡単には傷つきません。

大丈夫です。

鈍感・学習能力0・お猿さん・自分勝手の4拍子揃った動物が、ちょっとやそっとの人間の言葉で傷つくことはありません。

むしろ強めに言わないと、ケモノの耳には届きません。

 

 

とはいっても。

急に逆上したり、根に持たれてストーカーに発展したりしたら怖いですよね。

そんな不安がある人は、どうしても強く断ることができないのではないでしょうか?

そんなあなたのために、逆上させることなく、うまく断る方法を今から教えます。

 

しつこい風俗客をきっぱり断る3つの方法

褒める+ハッキリ断る

あなたはお客さんに押したらイケる!と思われている可能性が高いです。

それは雰囲気なのか喋り方なのか分かりませんが、出ちゃってるんだと思います。

なので、まずはハッキリと断る。NOと言える女性になりましょう!

でも、ただバッサリ断るだけだと逆上されるリスクがあるので、必ずポジティブな言葉を前に添えましょう!

例えばこんな感じ。

「誘ってくださってありがとうございます。でも、外で会うのは無理なんです…。ごめんなさい。」

 

バッサリ断る前に、感謝を伝えることで、相手は柔らかい印象を受けます。

実際、ハッキリ断ったことには変わりありません。

でも、この言い方だったら誰も傷つけずに、綺麗に断ることができます!

中途半端にお客さんに期待を持たせるより、
外では会えないけど、お店だったら遊べる事実を早めに理解させる方が何より効率がいいです。

 

余裕をもって穏やかに断る

あなたは断る時に、ピリピリしたり、おどおどしちゃったりしませんか?

断れない性格の人には多いと思うのですが、逆にそういう感じは手玉に取られやすいんですよね。

「えぇ……?無理です……いいですから……いや……あの……」

みたいに神経質な感じよりも、

「そうなんですね〜。デートに誘ってもらうのは嬉しいけど、外で会うっていうのは無理かな〜?ごめんなさーい!」

と、余裕をもって断れるように心がけましょう。

 

嘘であやふやにしない。

これは多くの女の子がやってしまいがちなことなんですが、

  • 明日は友達と遊ぶ用事があって…
  • 明日はお昼から仕事なんで…
  • 実家に住んでるので、門限が…
  • 友達と同居してるんです…

みたいな感じで、断るためにとっさに嘘をついてしまうことです。

でも、このような断り方をすると面倒臭い自体に発展する可能性が大です。

 

なぜならしつこいお客さんたちは、

「じゃあ来週の日曜日なら仕事ないし大丈夫だよね?夜、遊ぼうよ!」

と、その嘘をかいくぐって、攻めてくる人が大半です。

 

「今は絶対にデートは無理。」と思っているのなら、変な嘘はつかずにストレートに断っておきましょう!

嘘をつくと、その嘘を覚えておかないと、話がくちゃくちゃになるので面倒です。

  • 傷つけたくない
  • 怒らせたくない
  • イメージを悪くしたくない

と思いすぎてしまっては、風俗に来るケモノたちの相手は難しいですよ!

 

可能性を完全な0にはしないのが、できる風俗嬢の仕事

できる女

でも、完全に可能性をなくす必要はありません。

何故なら、お客さんだからです。お仕事だからです。

お金がもらえる以上、そのお金になるお客さんを完全に切り捨てるというのは、お金をドブに捨てるのと一緒です。

プライベートで、しつこくされているのとは訳が違います。

プライベートだったら、自分が好きでもない男性にしつこく言い寄られたら、バッサバッサ切り捨てて言っても大丈夫です。

 

仕事として割り切る心も大切です。

あくまでも仕事としての話です。

しつこいお客さんとラインするのも、メールするのも、エッチなことするのも全てお仕事。マネーが発生することなんですよね。

だったら、ある程度は仕事として割り切る心も必要だと思いますよ。

もちろん嫌なことは嫌だと言わなければいけませんが、
可能性を全て0にしてまで、お金になる人を除外していては稼げるものも稼げなくなります。

 

『この人はまだ大丈夫なしつこい客』『この人は無理なしつこい客』の基準を自分の中に作りましょう。

少しでも誘われたら、「あーもう!!(怒)」とキレていたら、風俗のお仕事なんて続けられませんよ!

モテる男とモテない男の来店の比率なんて、圧倒的にモテない男の方が多いですから…。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日はデートの誘いがしつこい風俗客をきっぱり後腐れなく断る3つの方法について紹介しました!

これでしつこくお客さんに誘われても、うまく交わせるようになりますよね^ ^

でも、全部が全部バッサリ断るのは、お仕事なんでもったいありません。

デートできる可能性を0にしない、残してあげるのが稼げる女の子のテクニックです。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

>>次のページは
風俗で指名を返せるようになる!リピーターを掴むための記事まとめ


お店を探している人は、おっくんにお任せください!



おっくんは全国の稼げる風俗を紹介しています。
お陰様でおっくんブログは月間15万PVを超える日本で1番見られている風俗紹介ブログになりました。

 

  • 今の稼ぎに不満のある方、もっと稼ぎたい方
  • 出稼ぎでガッツリ稼ぎたい方
  • 未経験だから安心できるお店で働きたいという方

どんな方でも満足のいくお店をご紹介いたします。

 
こちらからご応募ください。
 
写メ面談も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。


 
サービスページ



メンズエステも経営しています!!

風俗に抵抗がある方、卒業したい方はメンズエステのお仕事を始めてみませんか?

 

風俗に抵抗がある方

加齢とともに稼げなくなってきた方

 

そんな方でも安心して働けるメンズエステ店を大阪(梅田・心斎橋)で運営しています。

20代~30代前半のセラピスト中心のお店、35歳から40代のセラピストが中心のお店の2つのタイプのお店を運営しています。

 

「メンズエステを初めてよかった」そう思ってもらえるように、僕も頑張るので一緒に頑張りましょう。

こちらからご応募ください。


ABOUTこの記事をかいた人

おっくん

「体を張るに見合うだけの報酬を手に入れる」そんな当たり前の事ができてない風俗業界に憤りを感じ、紹介会社を立ち上げました。元デリヘルオーナーの経験をいかし、「稼げるお店」「いいお店」だけを厳選して紹介しています。風俗が嫌な女性でも働けるメンズエステのお店もやっています。
⇒詳しいプロフィールを見る