夜職のスカウトにキャッチされるか検証した結果がヤバい【動画アリ】

スカウトマンはいるのか検証してきた奥村と女の子

どうも、おっくんです。

今回は街で声を掛けるスカウトマンについての【検証動画記事】です。

スカウトマンの存在を知らない人のために、簡単にご説明します。

スカウトマンとは、街で女性に声を掛けて風俗店やキャバクラに紹介する輩(やから)の事です。

女性でしたら、一度や二度くらい経験があるのではないでしょうか?

実際スカウトマンに

「繁華街を女性が一人で歩いたら、どれくらい声を掛けられるのか?」

気になったので、ビデオカメラを回して検証してきました。

やらせなしの検証だったなので、お蔵入り覚悟でしたが、、、なんとか撮影に成功しました。

街を出歩く時に注意しなければいけないポイントなどが、検証によって分かりました。

あなたの身近な街でも、実際にある出来事なので参考になればと思います。

 

本当にスカウトマンに声を掛けられるのか?実際に検証してきました!!

 

動画のダイジェスト

ミナミのHIPSから大丸(OPA付近)までの約600mの道を女の子に歩いてもらってスカウトマンに声を掛けられるのか検証しました。

1日だけだと偶然もありえるので、2日に分けて撮影しました。

 

第一スカウト発見!

女の子に話しかけるスカウトマン

検証1日目、開始わずか5分足らずでえびす橋(通称ひっかけ橋)で早速スカウトに話しかけられました。

こうも簡単に引っ掛かるとは思っていませんでした。

女の子は無視し続けているのですが、一方的にスカウトは話し掛け続けていました。

その時間は約5分程です。

なかなかのしつこさを発揮して、ようやく諦めました。

1人目のスカウトマンが諦めて、御堂筋沿いのアップルストアの手前くらいに差し掛かった時・・・

 

第二スカウト出現!!

2人目のスカウトマン

また、スカウトマンが現れました。

検証1日目では、合計で2人のスカウトマンに声を掛けられました。

 

開始わずか1分で・・・

2日目の検証も、全く同じルートを別の女の子に歩いてもらいました。

時間帯を1日目と少しずらして、19時ごろに撮影しました。(1日目は18時頃)

HIPSから歩いてわずか1分・・・

話し掛けるスカウトマン

早速1人目のスカウトが現れました。

本当にやらせじゃないですよ!!

動画内でも、何回も言ってるので逆にやらせっぽいですが。。。

このスカウトマンは、ひっかけ橋の途中付近で諦めました。

諦めてから、約1分程で新種のスカウトが現れました。

 

女性スカウトマン現る!!

女性スカウトマン

まさかの女性スカウトマンです。

男だけじゃない新事実が発覚しました。

さらに・・・

 

スカウトマンの入れ食い状態!?

3人目のスカウトマン

2人目から立て続けに、3人目にスカウトが話しかけて来ました。

大阪ミナミのひっかけ橋周辺は、スカウトマンだらけなんですね。

2日目の検証では、合計で3人のスカウトマンに声を掛けられました。

 

検証で分かったこと

  • 1日目で、2回(男2人)
  • 2日目で、3回(男2人、女1人)
  • 僕がレポートが、ど下手だということ。(下手くそですいません)

わずか600メートルの区間で合計5回スカウトマンに声を掛けられました。

おっくん
警察は取り締まる気ゼロですか?笑

 

スカウトマンの効果的な撃退法

実際に検証して分かった効果的なスカウトマンの撃退法を教えます。

スカウトマンにより、しつこさは違いますが9割は撃退できるようになります。

 

フル無視

簡単な方法で言えば、喋らない事です。

喋ったら負けだと思ってください。

あなたが口を開けば、その言葉を繋ぐ言葉が次から次へと出てきて会話になってしまいます。

会話になれば、当然スカウトマンは自分のペースに持っていこうとします。

声を掛けられても絶対に喋らないと固く自分に誓ってください。

 

早歩き

早歩きはスカウトマンに効果的です。

今回の検証では、わざとゆっくり歩くように女の子には伝えていました。

なので、スカウトマンも声を掛けやすかったのだと思います。

ゆっくり歩くことは、スカウトマンからしても「声を掛けてもいいよね?」アピールみたいなものです。

街を歩く時はいつもの1.5倍くらいの速度で歩いてください。

 

一人で歩かない。

複数で歩けば、基本的には声を掛けられません。

強者のスカウトマンは、複数でいても声を掛けてきますが喋ってはいけません。

「友達といるから、喋っても断れるだろ。」と思っていても、上手く会話を弾ませて、女性の懐に入るのが彼らの仕事です。

鉄板のフル無視で、その場を乗り切りましょう。

 

目線を合わせない。

スカウトマンは、意思疎通を取るために目を合わせようとします。

相手の目を見てしまうと、思わず口を開いてしまう可能性もあります。

基本横や斜め前から喋りかけてくるので、真っすぐ前だけを見ましょう。

遠くを見過ぎて、つまずかないように気をつけて下さいね。

声を掛けられて、見てしまうのは条件反射で仕方ありませんが一度見てスカウトマンだな。」と確認できたら、もう見る必要はありません。

あとは、空気に変換しましょう。

 

イヤホンを付けて聞こえないフリをする。

どうしても声を掛けられたら無視できない子は、イヤフォンを装着してください。

聞こえないフリを、すればいいのです。

稀にイヤフォンを勝手に外してくるスカウトマンもいるそうなので注意してください。

そこまでしてくるスカウトマンは、珍しいですが中々イヤフォンを付けてる子には話し掛けにくいのが本音です。

スカウトマンの声掛けの対象外とされる確率が上がります。

 

笑わない。

笑ってしまうと、スカウトマンは自分に興味を持ってくれていると勘違いします。

今回の検証でも、笑ってもらおうと女の子に必死に声を掛けていました。

でも、後から聞いたら内容も一つも面白くありませんでした。

R-1の1回戦レベルで笑ってしまうような人は気をつけてください。

おっくん
でも、面白くなさすぎると逆に笑えるかもしれませんね(笑)

 

悪口で反撃しない。

相手を馬鹿にするような発言はNGです。

スカウトマンはアウトローの割合が高いです。

無駄に煽って逆上させたら、グレーな世界なので怖い人とか呼ばれたら嫌じゃないですか?

ここは、少し大人になって

女の子
頑張ってるな~。かわいそうだな~。

と冷ややかな目線を浴びせればそれだけでいいです。

むやみやたらに、スカウトマンを煽るのは危険です。

 

スカウトマンの基本的な考え方

しつこいスカウトマン

相手が嫌がっていても紹介を煽る。

スカウトマンは、よく女の子を「言い回す」という言葉を使います。

言い回すというのは「言葉巧みに説得して納得させること」だそうです。

僕は、その言葉が嫌いです。

言い回すということは、相手が納得してないから言い回すんですよね?

その場だけ、どうにか言いくるめて紹介できればスカウトマンはお金になります。

「あとで辞めようが文句を言われようが知ったこっちゃない。」

スカウトマンって、そんな考えなんですよ。

 

俺が最強!俺がナンバーワン!

スカウトマンあるあるなんですが、自分をとにかく大きく見せます。

「関西で一番大きなスカウト会社だから~!!!」

「新宿で俺の名前を知らない人はいない!!!」

などなど。

とにかく、自分を何倍にも膨らまして女性を口説きます。

聞き流せる子は「はい、はい。」で終わりますけど、中には聞き入ってしまう子もいます。

 

自分の利益になればそれでいい。

「女の子をその場だけでも納得させてお店に紹介すればこっちのもの。」

そういう、考えのスカウトマンがほとんどです。

お店に対しての不満が出たとしても「そう思わせないような言い回し」が次に始まります。

次から次へと、言葉で誤魔化すのがスカウトマンの手口です。

 

スカウトマンの仕事は、営業の仕事。

スカウトの仕事は、街で歩いている見ず知らずの女性に声を掛ける事です。

女の子が興味が無くても「どうにか話を聞いてもらおう」と言葉巧みに足を止めようとします。

それが、スカウトマンの仕事であり営業マンの仕事です。

誰かに勧められて手に入れたものは、不満が出てくるのが人間の心理です。

スカウトマンは「その場さえ良ければ全てよし!」みたいな考え方です。

その考え方の2人がトラブルにならない事の方が少ないのは当然の結果です。

 

営業の仕事の気持ちも分かります。

僕は過去に営業マンをしていた時代があります。

その時の自分は、スカウトマンと一緒の思考回路でした。

当時の自分も「お客さんを言いくるめてなんぼでしょ!」みたいな自己中心的な考えを持っていました。

お客さんが契約する時にに、躊躇(ちゅうちょ)したらイライラしてました。

結局は、自分の営業成績の事しか考えていなかったんです。

「今日は○○件契約したから、明日は今日よりも契約を取ろう。」

本当に自分の事しか考えていませんでした。

 

営業トークに惑わされてないですか?

営業の仕事は「自分が儲かるか儲からないか」が全てです。

お客さんは、二の次です。

服屋さんとかで、店員さんが寄ってきて服を勧められた経験はないでしょうか?

服を勧めて買ってもらう事が、店員さんのお仕事です。

似合っていても似合っていなくて「お似合いですね♪」と言うのが営業トークです。

スカウトマンも、紹介する店が良くても悪くても「良いお店だよ♪」と言います。

紹介できれば、それだけでOKだと思ってます。

おっくん
スカウトマンにお店を決められてないでしょうか?

 

まとめ

僕も紹介業の仕事をしていますし、スカウトマンと同じだと思う人もいるでしょうが、、、

断じてスカウトマンではありません!!!

  1. 街で無差別に女性に声を掛けたこともありません。
  2. ネットでたくさんの人にSNSとかで勧誘したことも一切ありません。
  3. 女の子を言い回して、無理くり働かせたこともありません。

求人サイトも、スカウトマンも当てにならない時代です。

僕は営業の仕事(勧誘)も風俗の仕事も両方経験してきました。

メリットもデメリットも分かっていないと紹介業は務まりません。

女の子が「何を求めているのか」「何を不満に感じるのか」も僕なりに理解してます。

お店探しに疲れてるそこのあなた!!!

是非、僕にお店探しをお手伝いさせてください。

お問合せお待ちしております(⌒-⌒)

 

>>次のページは
おっくんはこんな人です、おっくんの自己紹介

お店探している人は、おっくんにお任せください!

おっくんは全国の稼げる風俗を紹介しています。

 

今の稼ぎに不満のある方、もっと稼ぎたい方

出稼ぎでガッツリ稼ぎたい方

未経験だから安心できるお店で働きたいという方

 

どんな方でも満足のいくお店をご紹介いたします。写メ面談も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

ラインでもご応募いただけます。

ご連絡、お待ちしております。

サービスページ

ABOUTこの記事をかいた人

おっくん

「体を張るに見合うだけの報酬を手に入れる」そんな当たり前の事ができてない風俗業界に憤りを感じ、紹介会社を立ち上げました。元デリヘルオーナーの経験をいかし、「稼げるお店」「いいお店」だけを厳選して紹介しています。風俗で稼ぎたい方はお気軽にご連絡ください。
⇒詳しいプロフィールを見る