風俗に正月出勤したら稼げるの?メリット&デメリットを解説します!

こんにちは、風俗紹介専門家のおっくんです。

もう~い~く~つ寝~る~と~お正月~♪ですね。

2016年はみなさん稼げましたか?

散々だった人も、そうでない人も今年の反省をして2017年に生かしてください。

まだ、新店舗が決まってない人はおっくんにご相談ください。笑

ちなみに、1月の3日くらいまでは稼ぎ時ですよ!

12月の稼ぎがイマイチだった女の子は、年明けまでもう少し頑張ってみましょう。

今日は風俗の正月出勤のメリットとデメリットを解説します。

お正月出勤をして臨時収入を稼ぎに行こう!!

 

風俗の正月出勤のメリット

新規客が多い

新規客が多いのも、お正月の特徴です。

一般の人は年末から年明けまで、仕事もなく地元に帰っている人が大半です。

地元に帰ってやる事がない独身男性は、風俗を使う確率が高いです。

接客できる数が多くなる事は稼げる金額が増えるということです。

出勤すれば稼げるというのはお正月ならではです。

おっくん
リピーターがあまりいない子はお正月は頑張って出勤しよう!

 

時間帯関係なくお客さんが来る

お客さんも大半の人が暇なので、時間帯関係なく遊びに来れます。

お昼間でも、夜中でも、どの時間帯に出勤しても稼げます。

普段はお店が暇な時間帯でも出勤してみるのも悪くありません。

お正月は同じお店でも、別のお店に出勤しているような感覚で仕事できます。

おっくん
気分的にもリフレッシュできるで!

 

お財布の中身が熱い

お客さんのお財布事情も、まだまだほっこりしています。

ボーナスも12月に一般社会人は支給されていますし、金銭的にも余裕があります。

1回や2回の風俗遊び程度のお金は、安月給のサラリーマンでも持ち合わせています。

仕事が始まる1月4日までに、そのお金を消費するパターンが多いです。

なので逆を言えば、1月4日過ぎからはお客さんもお金を使えなくなるということです。

折角のボーナス期間を普通の人のように、過ごしてしまうのは勿体ないです。

 

遊び慣れていないお客さんが多い。

メリットともデメリットとも取れますが、僕はメリットだと思います。

なぜなら、遊び慣れているお客さんは接客の手を抜いたらバレますが、遊び慣れていないお客さんは少々手を抜いてもバレないからです。

普段は本指名を返すのに必死に接客するのを、お正月は7割の力で接客しても気づかれません。

おっくん
最低限のサービスをしたら、それでOKやで!

 

正月気分のお客さんもたくさん

正月気分とは、連休が続いて仕事の事を完全に忘れている事を指します。

仕事ストレスもなくお客さんも浮かれていますし、少々の手抜きで怒る人もいません。

普段ピリピリしがちな人も、お正月ばかりは優しい気持ちになっています。

 

風俗の正月出勤のデメリット

客層が悪い

遊び慣れていないお客さんと表裏一体なんですが、遊び方を知らないので無駄にガツガツしてくる人も中にはいます。

風俗店の暗黙のルールを平気で破って来る人も遊びに来ます。

例えば

  • 店外デートを強要してくる人
  • 本番強要強要してくる人

などです。

ですが、この問題はお正月でもお盆でも関係なく付きまとう問題です。

あなたが少し大人になって、「遊び方を知らない可哀想な人」と思うようにしましょう。

 

フリー客ばっかり

お正月に遊びに来るお客さんは、「特定の女の子と遊びたい」というよりも「可愛い女の子だったら誰でもいい」という感覚です。

なので、必然的にフリーのお客さんが増えます。

普通の風俗店はお給料の単価がフリーの場合下がりますので少し損した気分にもなります。

ですが、結局の所、接客した数が重要なんです。

フリーだろうが、パネル指名だろうが、接客できる人数を増やさなければお金になりません。

欲を言えばキリがありませんので、「接客できるお客さんが多いだけでも普段よりラッキー」と思うようにしましょう。

 

本指名になる確率が低い

住んでいる場所が地元ではないお客さんもたくさん来ます。

なので、引き続きお店に来るのが難しいお客さんも結構います。

だからと言って、何回も言いますが稼ぐには「接客できるお客さんの数」が必要です。

本指名にたとえならなくても、接客できる数の一人として考えるようにしましょう。

本当に気に入ってくれれば、本指名になる確率だってもちろんあります。

確率が低くても0%ではありません。

おっくん
ネガティブに考えてもキリがないで!

 

休むなら4日以降~が風俗は効率的

休むなら4日以降~の方が、風俗は効率的

一般社会が始まりだしてから出勤しても当然暇になります。

連休が明け、仕事モードに切り替わってから「風俗行こう!」なんて思う人は少ないです。

風俗ヘビーユーザーのお客さんしか、そんな風には考えません。

数としては明らかに後者の方が少ないので、稼ぐなら3日前後まで出勤してそれから休みを取る方が効率的です。

4日以降から働き出して例年「稼げませ~ん。泣」「お店が暇です。。。泣」と言う子がいますが、考えてみれば当たり前の話なんです。

稼げる時に稼いでおいて、1月の収入を確保しておくようにしましょう。

 

まとめ

風俗の正月出勤はメリットもデメリットもありますが、稼げるメリットの方が大きいです。

  1. 地元に帰っても遊ぶ事が無い。
  2. お客さんが正月気分
  3. お財布の中身が、まだほっこりしてる。

など、お金を風俗に使う要素はたくさんあります。

あと、数日の事です。

数日頑張ってから休んでも、風俗は自由業なので問題ありませんよね。

大晦日か元旦どちらかは休んでも、1月の2日3日は最低でも出勤するようにしましょう。

関係なく出勤できる子は、4日くらいまでは頑張って連勤して貯えを増やしましょう。

お正月の働き先が決まっていない子は、おっくんにご相談ください。

ひとり一人に合ったお店探しを提案しています。

お問合せお待ちしております。

 

>>次のページは
おっくんはこんな人です、おっくんの自己紹介

お店探している人は、おっくんにお任せください!

おっくんは全国の稼げる風俗を紹介しています。

 

今の稼ぎに不満のある方、もっと稼ぎたい方

出稼ぎでガッツリ稼ぎたい方

未経験だから安心できるお店で働きたいという方

 

どんな方でも満足のいくお店をご紹介いたします。写メ面談も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

ラインでもご応募いただけます。

ご連絡、お待ちしております。

サービスページ

ABOUTこの記事をかいた人

おっくん

「体を張るに見合うだけの報酬を手に入れる」そんな当たり前の事ができてない風俗業界に憤りを感じ、紹介会社を立ち上げました。元デリヘルオーナーの経験をいかし、「稼げるお店」「いいお店」だけを厳選して紹介しています。風俗で稼ぎたい方はお気軽にご連絡ください。
⇒詳しいプロフィールを見る