メンズエステの給料と仕事内容は全く比例しない一つの理由

メンズエステの給料と仕事内容は全く比例しない一つの理由

どうも、おっくんです。

今日の記事は「ダン○ィーハウス」のような本格的な施術をするメンズエステの記事ではありません。

男性専用の今流行りの覚えれば誰でもできるリラクゼーションサロンについての記事です。

医療目的ではなく、「癒し」を目的にお客さんが来店するメンズエステの説明です。

施術の内容は、専門の講師から学べば未経験でも簡単にできます。

エッチなサービスは、普通のメンズエステでは絶対にありません。

そのメンズエステのお給料とサービス内容を比較した結果、少し残念な結果になりました。

 

メンズエステの種類について

店舗型タイプ

メンズエステで働くなら、一番安全な形式です。

安全な理由としては、

  • スタッフが近くにいる。
  • 完全な個室ではないので安心。(半個室)

 

マンションタイプ

「マンションエステ」と呼ばれる最近、爆発的なスピードで拡大しているメンズエステです。

お客さんの数が一番多いのが、このタイプのメンズエステです。

「違法なサービスをしているお店」や「ルールを守れないお客さん」も中にはいます。

怖い理由としては

  • マンションにお客さんと二人きりになる。
  • 性的サービスを求められる可能性が高い。
  • 警察の抜き打ち捜査などがある。

 

デリバリータイプ

お客さんの宿泊先か自宅に伺ってマッサージするタイプのエステです。

スタッフが常駐していないので安全面では微妙なところがあります。

 

メンズエステのサービスの流れについて

お客さんを出迎える

店舗式の場合は、お店の受付までお客さんを迎えに行きます。

おしぼりを渡したりするお店もあります。

少し挨拶を交わして店舗式の場合はお客さんをバスローブなどに個室で着替えてもらいます。

次に体を洗う部屋(洗体ルーム)にお客さんをお連れします。

バスローブの下は「紙パンツ」など、体を洗いやすい格好に着替えてもらいます。

マンションタイプも部屋のお風呂場にお客さんを同じく着替えてもらってから誘導します。

自宅やホテルの場合も同じです。

注意事項
お店によって体を洗う時のお客さんの格好は異なります。
(バスローブ+紙パンツ、全裸、紙パンツだけなど)

 

お客さんの体を洗う

このお客さんの体を洗う行為を「洗体」(せんたい)と呼びます。

洗体をする時は、お店の規定の制服を着たままの場合がほとんどです。

当然なんですが、脱いだりするサービスはありません。

下着姿で洗体をするお店もあります。

お客さんを興奮させるのが目的ではありませんので何とも言えないところです。

サービスが豊富なメンズエステでは

  • 洗髪
  • 洗顔
  • ヘッドスパ
  • あかすり
  • かかとの角質とり

などもあったりします。

これはお店によって異なります。

普通のメンズエステでは身体をシャワーで流してあげるだけです。

お客さんの格好は、「紙パンツ」であったり「全裸」であったり様々です。

「洗体」そのものが、しっかりとしたサービスなのは店舗式のみになります

店舗式の「洗体」サービスでは、きめ細かい特殊な泡でお客さんの体を包んでマッサージをしながら洗います。

この時に後で説明するリンパマッサージも同時に行うお店もあります。

おっくん
洗体サービスを看板にしたメンズエステもあるくらいやで!

 

オイルマッサージをする

オイルにも色々種類があります。

  1. 無香料
  2. ココナッツ
  3. ラベンダー
  4. ローズ
  5. コラーゲン
  6. ヒアルロン酸

などそれぞれ効能が違うのでお客さんに好きなものを選んでもらいます。

それを手のひらで馴染ませながら全身に揉みこみます。

男の人の体をマッサージする時は全体重をかけるくらい強くやるのが丁度いいくらいです。

もちろん人によりますので、加減は常にお客さんに聞いてあげてくださいね。

 

リンパマッサージも同時に行う

64052aacfec85f4470c85eb4d02e5fcd5b1d665f.52.2.9.2

全身にあるリンパ線の中の溜まった老廃物(ろうはいぶつ)を流すマッサージの事です。

リンパ節(りんぱせつ)と言う体の各箇所にある老廃物を濾過(ろか)するフィルターに向かってマッサージします。

言葉で聞くと難しいように感じますが、専門の講師の人に教えてもらえるので数日でマスターできちゃいます。

 

 

もう一度「洗体」を軽くする。

オイルで体がベタベタになっているので店舗式の場合は洗体ルームにお客さんを連れて行きましょう。

それ以外の場合はお風呂場のシャワーでオイルを残らないように流してあげます。

この時も、制服はもちろん着たままです。

普通のメンズエステでは下着姿になることもありません。

お客さんの体を流したら、体を拭いてバスローブを着させます。

そのまま服を着たいお客さんもいるので聞いてあげましょう。

店舗式の場合は、個室に戻るまでは着替えが無いので一旦バスローブを羽織らせてあげましょう。

 

男性の大事な部分のサービスは一切ありません。(念押し)

鼠蹊部(そけいぶ)、太ももの付け根までのマッサージが一番際どいラインです。

あとはお尻へのマッサージくらいでしょうか。

男性のアソコへのサービスがあるお店は完全な違法店です。

エッチなサービスをするのには風営法の許可が必要になります。

その時点でメンズエステではありませんよね。

ですが風俗のサービスを求めてくるお客さんもメンズエステにはたくさんいます。

例えばお客さんに

変なお客さん
1万円別で払うからさ、フェ○チオしてよ!

みたいな事言われてお金欲しさにサービスしてしまったら違法行為です。

バレたら売春法違反で逮捕されちゃいます。

おっくん
メンズエステのお店選びは至難の業やで!!!

 

メンズエステの気になるお給料は?

お給料はお客さん一人を接客して○○円と言った「歩合制」がほとんどです。

中には「時給制」のお店も存在しますが、「歩合制」を採用しているお店が8割以上です。

慣れるまでは、体力仕事なので5時間程度の勤務が最初は限界でしょう。

正直、めちゃくちゃ疲れます!!

お客さんは完全受け身なので、男の人の体を支えるのって結構大変なんですよね。

5時間勤務で約3名様の接客が可能です。

平均的なオーダーコースの90分のお1人様のお給料は6,000円~10,000円程が相場です。

1日の手取りで18,000円~30,000円が平均的なお給料になります。

おっくん
お金よりも技術を学びたい女の子向けの業種やで!

※2017/02/08現在 心斎橋エリアで風俗並みに稼げる唯一のおすすめメンズエステをご紹介します。

稼ぎにくい業種ではありますが、紹介するお店は日給3万円オーバーの女性もたくさん在籍しています。

 

まとめ

メンズエステはエステの技術は学べますがお金にはなりにくいです。

もちろん中には、メンズエステでも稼げている女性はいます。

ですが、ヘルス並みに稼げているのは極極一部の女性だけです。

歩合制のお給料な以上、稼げる金額は女性によって変わってきます。

メンズエステの求人はあたかも「ルックスがモデル並みでシフトは週5以上の8時間勤務以上できる」女性の給料が書いてあります。

なので面接に行って自分の想像と違って気持ちが落ちる事もザラです。

女の子によって「満足する給料」と「できるサービスの内容」は違うのでそれを面談時にヒアリングしています。

あなたの理想に少しでも近いお店を提案して紹介しています。

お問合せお待ちしております。

 

>>次のページは
おっくんはこんな人です、おっくんの自己紹介

お店探している人は、おっくんにお任せください!

おっくんは全国の稼げる風俗を紹介しています。

 

今の稼ぎに不満のある方、もっと稼ぎたい方

出稼ぎでガッツリ稼ぎたい方

未経験だから安心できるお店で働きたいという方

 

どんな方でも満足のいくお店をご紹介いたします。写メ面談も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

ラインでもご応募いただけます。

ご連絡、お待ちしております。

サービスページ

ABOUTこの記事をかいた人

おっくん

「体を張るに見合うだけの報酬を手に入れる」そんな当たり前の事ができてない風俗業界に憤りを感じ、紹介会社を立ち上げました。元デリヘルオーナーの経験をいかし、「稼げるお店」「いいお店」だけを厳選して紹介しています。風俗で稼ぎたい方はお気軽にご連絡ください。
⇒詳しいプロフィールを見る