デリヘルの面接で面接官を虜にする話し方や態度|給料・印象UP

デリヘルの面接で話しておかないと後悔する3つのポイント

どうも、風俗紹介専門家のおっくんです。

「デリヘルの面接って、ぶっちゃけ何を聞かれるんだろう?」

とお悩みのあなたに朗報です。

今日はデリヘル店の面接を毎日されている面接官にインタビューさせて頂きました。

女の子の発言でプラスになることもあればマイナスになる発言もあるんです。

今日は、デリヘルの面接で話しておいて自分の評価が上がる話し方や態度を解説します。

これを知っておけばお給料や印象アップにも繋がります。

 

デリヘルの面接での面接官を虜にする話し方や態度

デリヘルは人となりが大切

あなたの「人となり」は、デリヘルで働くならかなり重要です。

「人となり」とは、あなたの人柄の事です。

それを、判断するポイントはたくさんあります。

  • 容姿
  • 表情
  • 性格

などが、初めて見て、すぐに相手が分かる「人となり」です。

デリヘルで稼ぐには、「人となり」が稼ぐうえで大切な要素になってきます。

ルックスも、もちろん大事です。

それ以上に「おしとやかさ」や「妖艶さ」などが大事になってきます。

お客さんに「この子と長く一緒にいたい」と思わせないといけません。

そう思わせる事によって、リピーターや延長に繋がるのがデリヘルというお仕事なんです。

 

一貫した態度で話す

「ムスッとした態度」は、相手も「イラッ」とするのでやめましょう。

おっくん
この子をお客さんに接客させたらどうなるか、、、

面接官は「お客さんの立場」で考えます。

いつも不愛想な女の子が、切り替えてお客さんの前で態度が良くなることはありません。

中には例外もありますが、誰に対しても一貫した態度でいることはプラスでしかありません。

そういった態度があれば注意しましょう。

 

自分の分かっている欠点は先に話す

お給料の面に直結する事でしたら、刺青などです。

ボディチェックは、ほとんどのお店であります。

女の子
えっ!脱がされるの?

と思った女の子もいるとは思いますが、ボディチェックは風俗のお店では当たり前の検査なんですよ。

確認しなければお客さんのクレームに繋がるかも知れません。

例で言うと

  • 妊娠戦
  • 刺青
  • リストカット跡

などが上げられます。

面接の段階で分かっていれば、クレームにならない対処もできます。

見せたくない気持ちも分からなくはありません。

風俗と言う業種で働くと言う事は、嫌な部分も素直に答えなければいけません。

お店は、あなたよりも当然風俗の知識や経験があります。

いやらしい気持ちで見たりなどは決してしません。

あなたの事を考えてくれているからこそ、事前にチェックして「あなたの良さ」を見つけて稼がせてあげようとしてるだけなんです。

あなたがより稼げるように、色々な目線であなたを判断するのがお店の仕事です。

 

プライベートの性体験はプラス材料なので話す!

プライベートの性癖を隠さずオープンに話せば、お店もあなたの事をお客さんにアピールしやすくなります。

女の子
週に〇〇回、オナニーするんです。
女の子
プライベートで、バイブと電マ持ってます。
面接官でも想像して興奮するような内容はプラスでしかありません。

恥ずかしがらず、オープンに話してください。

もし引かれる事があれば、そのお店のスタッフはレベルが低いのだと思います。

風俗では、その内容はプラスでしかないのです。

 

まとめ

デリヘルは「疑似恋愛」をお客さんと楽しむ風俗です。

お店もあなたの内面などを知っていれば、稼がせやすいです。

逆にお店と壁を作ってしまえば、稼ぎにくくなります。

楽しく長くお店で働く為に大切な面接の流れについてご紹介しました。

あなたが稼げるように、面談では色々とアドバイスさせて頂きます。

ひとり一人に合ったお店探しをアドバイスしております。

お問合せお待ちしております。

 

>>次のページは
ソフト風俗は稼げない!まだソフトな風俗のススメ【まとめ】

ABOUTこの記事をかいた人

おっくん

「体を張るに見合うだけの報酬を手に入れる」そんな当たり前の事ができてない風俗業界に憤りを感じ、紹介会社を立ち上げました。元デリヘルオーナーの経験をいかし、「稼げるお店」「いいお店」だけを厳選して紹介しています。風俗で稼ぎたい方はお気軽にご連絡ください。
⇒詳しいプロフィールを見る