風俗でエイズに感染しない対策と簡単にできる検査【体験記】

風俗でエイズに感染しない対策と簡単にできる検査【体験記】

こんにちは、おっくんです。

風俗でエイズのお客さんに当たってしまったらどうしよ~。

お客さんの元カノの元カレの元カノがエイズだったら、、、

こんなにも深く考える必要もないですが、エイズについての対策は働くうえで知っておくべきです。

僕はエイズになったら人生終わりだ~。くらいに考えていて日常生活ができなくなるくらいの病気だと思っていました。

ですが仮にエイズに感染していても、今までの生活を何ら変える必要はないそうです。

それでも、体が弱くなって色々な病気に掛かりやすくなってしまう怖い病気なのは事実です。

実際に、僕は先日エイズの血液検査に彼女に勧められて行ってきました。

大事なパートナーを守る意味でも大切な事ですよね。

そこで正確な情報と、どうすればエイズを防げるかなどをエイズ検査支援センターの方から直接、学んできましたので簡単にご説明します。

 

エイズがうつる行為について

感染の可能性がない性行為

エイズ感染のお客さんからのキスお客さんからのクンニお客さんからのアナル舐めでは感染しません。

理由は口の中の唾液(だえき)には、HIVのウイルスは含まれていないので感染しません。

エイズ以外のクラミジア、ヘルペス、梅毒などはオーラルセックスでも感染してしまうのでプレイ前のイソジンを使ってのうがいはお互い絶対にやりましょう。

 

感染の可能性がある性行為

エイズ感染のお客さんの口以外での性行為は、全て感染の可能性があります。

エイズ感染しているお客さんへの、フェラセックスアナルセックスは全てうつる可能性があります。

 

風俗でうつるエイズの予防や対策

風俗だけではなくて、プライベートでも役立つことなので覚えておきましょう。

 

コンドームを絶対に付けさせる。

避妊や性病の予防にもなりますし絶対に使用してください。

特にエイズの場合は、感染力が弱いためコンドームの予防効果はめちゃくちゃ大きいです。

 

プレイ前に、シッカリとお客さんの体を洗う。

グリンスなどの消毒石けんを使ってお互いの性器はシッカリと殺菌しましょう。

イソジンでのうがいも忘れてはいけません。

 

プレイ前に、おしっこや大きい方もすませる。

たまに何ですが、シャワー後におしっこをしたり大きい方をするお客さんもいます。

お客さんは面倒臭がるかもしれませんが、再度シャワーに連れて行きましょう。

そこでも、雰囲気を壊さず柔らかく誘導してあげるのが人気の女の子です。

おっくん
お客さんは、面倒くさがりなもんやで!

 

お客さんのアソコに異常がないか確認する。

未経験の女の子は、男性のアソコも見たこともあまりないかも知れませんので判断が難しいですよね。

男性器の性病などの疑いが分かる『風俗で性病に感染している人が一目で分かる【9つの症例】』の記事を参考にしてください。

分からなくても見た目で不潔だったり、不信感があればコンドームの着用をプレイ時に必ず促しましょう。

 

お客さんの爪が伸びていないか確認する。

爪が長くて自分の女性器を傷つけられてしまったら、そこから感染する恐れもあります。

爪切りなどを持ち物で持っておくのもいいでしょう。

タイミングは難しいですが、

女の子
私アソコが敏感だから、爪切り持ってるから切って欲しいな。

と言えば大概のお客さんは切ってくれます。

 

生理中は極力出勤しない。

生理期間中に出勤したい女の子は多いですが、衛生状態がよくないので感染しやすいです。

どうしても出勤したい場合は『風俗で生理の時にでも出勤したいあなたが取るべき5つの手段』の記事を参考にしてください。

ですが、この記事の最後でも言っている様に生理期間中は体を休めるのが一番です。

どうしても出勤したい場合は、活用してください。

 

お客さんと一緒に、タオルや歯ブラシを使わない。

タオルや歯ブラシを共有するのは危険です。

性病やエイズの感染ルートの定番です。

絶対に同じものは使わないでください。

 

定期的に検査を受ける。

1カ月に、一回は産婦人科などで検査をする事をおススメします。

時間があまりない人は、検査キッドなんかでも検診できます。
匿名でできるSTD(性感染症)の郵送検査キットはコチラから

 

エイズ検査支援センター体験

僕は関西に住んでいて、エイズの無料検査相談センターが近くにあるので行ってきました。

「エイズ(スペース)地域 (スペース)検査」みたいな感じでGoogleで調べれば最寄りにそういった場所があれば出てくるでしょう。

今回は、大阪検査相談・啓発・支援センター(愛称=chotCASTなんば)さんで検査してきました。

 

 

1

 

このビルの3Fが、検査センターです。

なんか分からないですけどめちゃくちゃ緊張しました。

 

2

 

エレベーターを降りて右側に進むとこんな感じでどでかく検査会場と言う文字があります。

僕は、はじめての会場がエイズの検査会場か。と言う寂しさと虚しさを抱えて矢印の方向に進みます。

 

3

 

この矢印の場所に本当はパイプ椅子がズラーって番号付きで並んでいます。

写真には、何故写っていないかと言うとエイズ検査をしにきた人達が真剣な顔で座っている所を写メでも撮ったら怒られそうとチキンになってしまいました。笑

なので、この写真は後日撮影です。

 

いよいよ、検査センターの内部に入ります。

撮影はNGとのことでしたので、ほとんど写真は撮れませんでしたが

4

 

注射を打つ看護婦さんを強引に説得して撮影に成功しました。

 

6

 

消毒されて、いよいよ刺されます。

 

7

 

刺される寸前です。

 

8

 

刺されました。血を抜かれました。

この看護婦さんはびっくりするくらい注射がうまいんです。

全く痛くありません。

注射が終わったら、隣の止血ルームに案内されて血が止まったら帰ります。

 

 

11

 

この何故だか赤い扉を開けて帰ります。

 

1週間後に検査結果を取りにまた来ます。

 

 

1週間後・・・

 

 

検査結果を取りに来ました。

少し緊張していますが、エイズではないと信じてここまできました。

悔いはありません。

 

12

 

検査センターの中の待合室で、アンケートに協力しつつ番号が呼ばれるのを待ちます。

俺はエイズじゃないと信じて。

いよいよ呼ばれて、個室に通されて検査の結果を通知されます。

 

結果は・・・

 

3

 

陰性でした!!!

 

ようするに、一切なんも心配ないって事です。

ありがとうございます。神様。

 

今回、はじめて検査してもらって自分がエイズに感染しているかどうかが分かって今まで大丈夫だろうと思いつつ生きてはきましたけどより安心しました。

本当に短時間で終わるものでしたし、ここは費用も掛かりません。

エイズについての勉強にもなりましたし、非常に満足しました。

皆さんも大丈夫だろうと、決めつけないで是非行ってみてください。

 

まとめ

実際に感染する可能性は、これまで大袈裟に話してきましたが感染の可能性がある行為をして0.1~1%の確率での感染です。

怖い病気ではありますが、そこまで神経質になり過ぎる程のものでもありません。

それよりも普通の性病の感染確率の方がよっぽど高いんです。

どちらにしても、定期的な検査エイズへの対策や予防は必要不可欠でしょう。

確率が低いからって、おろそかにしていると痛い目に合います。

性病に対しての考えが甘いお店も、風俗業界は、たくさん存在します。

稼げても病気に掛かってしまったら、本末転倒ですよね。

お金を稼ぎたくてした仕事なのに、エイズや性病になってしまって治療費や休養期間にお金を使ってしまったら意味ないですよね。

あなたに合ったお店選びをご提案させてください。

宜しくお願いします。

 

>>次のページは
おっくんはこんな人です、おっくんの自己紹介

お店探している人は、おっくんにお任せください!

おっくんは全国の稼げる風俗を紹介しています。

 

今の稼ぎに不満のある方、もっと稼ぎたい方

出稼ぎでガッツリ稼ぎたい方

未経験だから安心できるお店で働きたいという方

 

どんな方でも満足のいくお店をご紹介いたします。写メ面談も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

ラインでもご応募いただけます。

ご連絡、お待ちしております。

サービスページ

ABOUTこの記事をかいた人

おっくん

「体を張るに見合うだけの報酬を手に入れる」そんな当たり前の事ができてない風俗業界に憤りを感じ、紹介会社を立ち上げました。元デリヘルオーナーの経験をいかし、「稼げるお店」「いいお店」だけを厳選して紹介しています。風俗で稼ぎたい方はお気軽にご連絡ください。
⇒詳しいプロフィールを見る