デリヘルとホテヘルの仕事内容の違いを3分で簡単徹底解説

こんにちは、おっくんです。

デリヘルとホテヘルって同じように思えて、微妙に仕事内容が違います。

どんな違いがあるのか、この記事でわかります。

 

サービスの内容そのものはホテヘルもデリヘルも同じ

基本的には同じなんですが、以下の2点が違います。

①場所が違う

デリヘル・・・・お客さんの自宅や、滞在先のホテルで接客します。

ホテヘル・・・・お店からスグ近くの、お店提携先のホテルで接客です。

 

②移動時間が違う

デリヘル・・・・呼ばれた場所によりますが、店のドライバーが送迎します。

遠くに呼ばれたら移動時間は当然長くなります。

ホテヘル・・・・移動時間はほとんどありません。

そのかわりお店からホテルまでお客さんと手をつないで移動するお店が一般的です。

 

デリヘルは『まったり系女子』、ホテヘルは『サバサバ系女子』が稼げる。

デリヘルは癒し系ならロングで稼げる!

僕はデリヘルを運営している時期が昔ありました。

その時に「この女の子はめちゃくちゃ稼げるな」と思う女の子は共通して『まったり系女子』でした。

通常60分のコースが120分や180分コースでリピートされることも珍しくありませんでした。

そういうお客さんの求めているものは「癒し」なんです。

この「癒し」を提供できるような、ほんわか系、まったり系の女子はロングのお客さんを獲得しやすいです。

 

テクニシャン系女子はホテヘルで回転重視で稼ごう!

ホテヘルのお客さんはお店の受付がある繁華街まで足を運びます。

デリヘルであれば自宅や近くのホテルにも呼べる便利さがあるにも関わらず、ホテヘルを利用します。

ホテヘルには『性欲を満たしたい』気持ちが強いお客さんがメインです。

『ピザーラ』と『吉野家』に例えるとわかりやすいです。

『ピザーラ』はデリヘルです。

自宅に頼んで、自分の好きな調味料をかけて、自分のペースで食べれます。

『吉野家』さんはホテヘルです。

小腹をすかせたサラリーマンがたまたま目に入った吉野家に入るような感覚がホテヘルです。

外を歩いてたら「ちょっとムラムラしてきたぞ!いっちょ抜いとくか!」とホテヘルに来店します。

『サクッとスッキリしたいお客さん』と『テクニシャン系女子』は相性がいいとも言えます。

短い時間でお客さんに性的満足を感じてもらうことができれれば、リピートの可能性も上がるからです。

 

彼氏や男性の前での自分を客観的に見ましょう!

女性目線と男性目線は全くと言っていいほど違います。

自分のお店で周りの女友達に

「男っぽいよね〇〇ちゃん」

と言われる女の子をそれほど男っぽいとも男性は思っていません。

「男性と二人きりの空間にいる時にどういう性格になれるか」が重要なんです。

 

営業時間の違い

営業時間は両方とも24時間やっているお店が多いです。

朝方や深夜時間谷働きたいならホテヘルはおススメです。

 

共通して言えることは、『本番はさせちゃダメ』

2つの業種に共通するのはスタッフがプレイ中に近くにいることができません。

女の子によっては、お客さんの押しが強いと断れない女の子もいます。

そんな女の子の為に本番の断り方の記事を書きました。

男は本番させても、意外にリピーターに繋がらないものなんです。

「どうにかこの子をものにしたいと頑張る」ので、もう一度遊びに行こうってなります。

「自分を大事にしてくれ」という綺麗事ではなく、ヘルスサービスのみの業種なのでそこは守らないとお金にも繋がりません。

 

まとめ

あなたはこの段階で自分にどちらの業種が向いてるかお分かりでしょうか。

分からない場合は僕が面談で判断しますのでご安心ください。

あなた自身が稼ぐために最大限サポートさせて頂きます。

貴女の性格や今の生活スタイルなど含めて分かりやすくご説明します。

お問合せお待ちしております。

 

>>次のページは
ソフト風俗は稼げない!まだソフトな風俗のススメ【まとめ】

ABOUTこの記事をかいた人

おっくん

「体を張るに見合うだけの報酬を手に入れる」そんな当たり前の事ができてない風俗業界に憤りを感じ、紹介会社を立ち上げました。元デリヘルオーナーの経験をいかし、「稼げるお店」「いいお店」だけを厳選して紹介しています。風俗で稼ぎたい方はお気軽にご連絡ください。
⇒詳しいプロフィールを見る