出稼ぎ先で絶対困らない完璧荷物リスト|用意すべき持ち物まとめ

どうも、風俗紹介専門家のおっくんです。

出稼ぎに行く時

「何を持っていけばいいですか?」

との質問をよくされるので記事にしました。

今日は出稼ぎ先で困らない荷物・持ち物をまとめました。

出発前の参考に是非!

 

絶対忘れちゃいけない持ち物一覧※超重要

忘れてしまったらどうすることもできない持ち物一覧です。

出発前に必ず持ったかどうか確認しましょう。

顔写真付きの身分証

パスポート

身分証明書

  • 運転免許証
  • 住基カード
  • マイナンバーカード
  • パスポート

のいずれかが働くには必ず必要な物です。

忘れてしまったら取りに帰らないといけなくなるので、出発前に必ず確認しましょう。

 

本籍地記載の住民票

本籍地記載の住民票

本籍地記載の住民票

住民票もセットで必要になるお店が増えてきました。

店舗型のソープランドや箱ヘルでは間違いなく提出しなければいけないものです。

住民票の有効期限は、3ヶ月間しかありません。

有効期限が切れていないかどうかもシッカリと確認しましょう。

おっくん
切れてたら再度取得するんやで!

 

交通費の領収書

新幹線の領収書

新幹線の領収書

新幹線・飛行機、交通手段関わらず領収書は必ず出稼ぎ先のお店に提出してください。

交通費の領収書が無いと、出稼ぎ先のお店に支給してもらえなくなります。

自己負担になってしまっては、勿体無いので絶対に持っていきましょう。

 

保険証

保険証

保険証

現地で万が一、病気になってしまったら病院へ行かなければなりませんよね。

保険証を忘れてしまうと、全額自己負担になってしまいます。

折角稼ぎに来ているので、余計な出費を出さないようにしましょう。

 

最低限用意すべき持ち物一覧

出稼ぎで最低限必要なものをピックアップしてご紹介します。

出稼ぎには欠かせないものばかりなので、シッカリと準備しましょう。

スーツケース

スーツケース

スーツケース

たくさんの荷物を入れるのに、なくてはならないものです。

大きさは1泊当たり10リットルが目安なので、7日以上の出稼ぎに行く女の子でしたら80リットル以上の大きさのスーツケースを用意しましょう。

おっくん
プライベートの旅行でも使えるので、持ってない子はこの機会に買っちゃおう!

 

筆記用具

筆記用具

筆記用具

毎日の稼いだ金額を手帳などに書いて残しておく為に、筆記用具は欠かせません。

途中経過などが見れば分かるので便利です。

保証が割れた時にも、いくら割れたかなどが自分で把握できていないと最終日にお店が支払う金額を間違えていたら大変です。

 

携帯の充電器

携帯の充電器

携帯の充電器

携帯は業種関わらず必需品で、充電が切れてしまったらお仕事になりませんよね。

充電器はコンビニでも買えますが、2,000円位するのでもったいないです。

コンセントタイプの充電器を一つは必ず持っていきましょう。

 

メイク道具

メイク道具

メイク道具

化粧道具を忘れたら終わりです。

最低限ベースメイクができるだけの道具は持っていきましょう。

  • 基礎化粧品(化粧水・美容液・乳液)
  • 下地クリーム(化粧下地)
  • パウダーファンデーション
  • アイブロウ
  • アイシャドウ
  • アイライナー
  • 口紅/グロス
  • チーク

があればベースメイクはできますよね。

メイク落とし(クレンジング、洗顔フォームなど)も忘れずに!

 

私服・仕事着

服装いろいろ

服装いろいろ

7日間だったら2~3枚、10日間だったら4~5枚程度あれば大丈夫です。

出稼ぎ期間の半分くらいの枚数があれば洗濯して着回せるし十分だと思います。

ソープの場合は、ドレス又はベビードールを2.3枚用意して着回してください。

お店によって仕事着は変わるので、出発前に必ず確認しましょう!

おっくん
OLスーツ着用のお店なんかだと、私服1.2枚でも足りるで!

 

下着

女の子の下着

女の子の下着

服と一緒で、出稼ぎ期間の半分くらいの枚数があれば足ります。

7日の場合は3.4枚、10日間の場合は4.5枚あれば大丈夫です。

衣類は洗濯して着回すものだと考えてください。

おっくん
洗濯機が無い出稼ぎ店へは、おっくんは紹介してないで!

 

部屋着・パジャマ

ルームウェア

ルームウェア

寮やホテルで寝る時用の部屋着やパジャマも持っていきましょう。

ビジネスホテルにも大抵置いてありますが、ガウンタイプのものだと肌着が無いと寒くて風邪引いちゃうので部屋着は必ず持参しましょう。

 

タオル

各種バスタオル

各種バスタオル

ビジネスホテルの場合は必要ありませんが、寮に泊まる場合は最低でも2.3枚は持って行きましょう。

フェイスタオルとバスタオルそれぞれ2枚ずつくらいあるのがベストです。

ビジホに泊まる場合でも、フェイスタオルくらいは数枚あると便利です。

おっくん
上記の物さえ用意すれば最悪現地でなんとかなるで!
デリヘルの仕事で必要な持ち物をこの記事にまとめたので、この中から自分で必要だと思った物を追加して持って行きましょう!

デリヘルの仕事で必要な16個の持ち物|これさえあれば完璧リスト

 

あれば便利な出稼ぎグッズまとめ

絶対に必要ではないですが、あれば間違いなく便利な出稼ぎグッズをまとめました。

お風呂セット

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディソープ

も出来れば自分専用のものを持って行った方がいいでしょう。

現地にあるものを使って肌荒れなどを起こしたら大変です。

最悪、予期せぬ強制帰宅になる可能性もあります。

 

安眠セット

  • 耳栓
  • アイマスク

いつもと違う環境だと人間寝れないものです。

枕は行き過ぎですが、耳栓とアイマスクくらいなら持って行った方が良いでしょう。

 

ファブリーズ

ファブリーズ with レノアハピネス

ファブリーズ with レノアハピネス

現地の布団が変な匂いした時の為にファブリーズがあれば便利です。

除菌も出来て良い匂いに変えれます。

 

ウェットティッシュ

ウェットティッシュ

ウェットティッシュ

少し何か汚した時でも、ササッとその場を綺麗にできるのでオススメです。

最悪持って行かなくても、現地のコンビニに多分売ってます。(田舎過ぎて売ってなかったらごめんなさい)

 

コロコロ

コロコロ

コロコロ

服に付いたホコリを取るのには、コロコロは便利です。

小さいコロコロで十分なので持って行きましょう。

 

出稼ぎに持って行きたい常備薬

  • 正露丸
  • かぜ薬
  • せき止め
  • 解熱鎮痛剤
  • 胃腸薬
  • 整腸薬
  • 酔い止め
  • マスク(薬じゃないけど)

もし風邪を引いた時の為の応急処置として薬は持って行きましょう。

備えあれば憂いなしです。

 

ドライヤー・コテ

ドライヤーとコテ

ドライヤーとコテ

現地の物だと大抵安物ですので乾くのが遅かったりしたらイラっとしませんか?

そうならない為にも、自分専用の物を持って行くのが無難です。

 

ひざ掛け

ひざ掛け

ひざ掛け

寒い地域に行く場合は、ひざ掛けは欠かせません。

部屋着でいる時は寒いので風邪を引きやすくなります。

ひざ掛けを持って行って温度調節できるようにしましょう。

 

ウェットトラスト

ウェットトラスト

ウェットトラスト

デリケートゾーンに異常が起きた時の為にウェットトラストもあれば便利です。

用意してくれるお店もあるので、事前に聞いてみるのもアリです。

 

延長コード

延長コード

延長コード

コンセントが現地で意味不明な場所にあった時に便利です。

携帯を部屋の角でポチポチする事になったら不便なので、持って行くことをオススメします。

 

調味料

  • コショウ
  • マヨネーズ
  • 味の素

くらいの調味料も持って行くと便利です。

現地の食べ物が口に合わなくても、自分好みに変えれます。

 

ジップロック

ジップロック

ジップロック

スーツケースに服が納まらなくなった時の為にジップロックがあれば便利です。

写真のように服を圧縮すれば、スーツケースの中にも綺麗に納まります。

濡れた服や下着を分けるのにも便利です。

 

出稼ぎに行こうとしているあなたへ!

出稼ぎに行く前に上記の荷物を完璧に準備して現地で困らないようにしましょう。

ここで、あなたに質問です!

今回出稼ぎに行くお店は本当に大丈夫なお店でしょうか?

トラブルの前例などありませんか?

出稼ぎはトラブルが起こりやすいお仕事です。

少しでも不安があるようでしたら、一度おっくんにご相談ください。

必ず満足して頂けるお店をご紹介させて頂きます。

お問い合わせお待ちしております。

 

>>次のページは
風俗出稼ぎへ行く前に必ず読むべき記事まとめ

ABOUTこの記事をかいた人

おっくん

「体を張るに見合うだけの報酬を手に入れる」そんな当たり前の事ができてない風俗業界に憤りを感じ、紹介会社を立ち上げました。元デリヘルオーナーの経験をいかし、「稼げるお店」「いいお店」だけを厳選して紹介しています。風俗で稼ぎたい方はお気軽にご連絡ください。
⇒詳しいプロフィールを見る